スマートフォン解析

ビーバーの小枝等で作るダムが自然破壊に?毛皮を巡り戦争も

ビーバーと言えば水の中で
自分の家を作って生活している
可愛らしい動物をイメージする人も多いと思います。

しかしながら、実際は意外と
自然に優しくない存在であったりするのです。

 

ビーバーの生態

ビーバーは齧歯目ビーバー科に属する動物で、
要するにネズミの仲間です。

ビーバーの出っ歯なイラスト

身体のサイズは

体長80~120cm

体重11~30kg 

 

で、齧歯目の中では非常に
大柄な部類になりますね。

棲息地は川・湖・池周辺の湿原で、
水の中に手作りの巣を作ってそこを住処とします。

生息域は北アメリカのほぼ全域とヨーロッパの一部。

食性は草食性で、木の葉や皮、
草等を主食としています。

 

鳴き声は見た目通りで、とても可愛いですね。

 

Sponsored Link

 

ビーバーが小枝等で作るダム

ビーバーは、人間以外で直接的に
周囲の環境を変化させることができる
唯一の動物であると言われています。

何が環境を変化させるかというと、
それは彼らが作るダムです。

ダムは自分達の巣の環境を整えるために作られます。

ビーバーの棲息地では
季節によって水位が変わるのですが、
それをダムによって調整します。

つまり、水位が上がったらダムを高くして、
水位が下がったらダムを低くすることで
自分達の巣にとって最適な水位を保っているわけです。

その結果として、周囲の環境に
影響を与えるというわけですね。

 

また、彼らは水辺の木を伐採して
採取した小枝や枯枝、小石や泥等を材料に
水の流れを塞き止めるダムや巣を作るのですが、
これらは大変巧妙な構造となっています。

 

ビーバーbibacho

左側がダムで、右側が巣になります。

 

まず、これらは集めた材料に泥を固めて
作られているので大変頑丈で、
人間が上を歩いても全く問題ありません。

そして巣は水の中に入口があり、
コヨーテ・イタチ・テンといった天敵が
全く入って来られない作りになっています。

しかしどこかが空いてないと
室内が酸素不足になってしまうので
巣のてっぺんは泥が固められておらず、
通気口となっているのです。

 

ビーバーのダムgazo
※ダム

 

ビーバーの巣gazo
※巣

 

ちなみにビーバーはラッコと似ていますが、
種類としては全く違う動物になります。

ラッコは水族館での飼育が激ムズ―野生の生息地は。氷と貝と間違える?

 

ダムが自然破壊に?

しかしながら一方で、
このビーバーのダムは
自然破壊をもたらすとも言われています。

このダムの材料を集めるために、
大量の木を切り倒す必要があるからです。

ダムは大抵100m以上もの長さにもなり、
最大記録だと850mにも達します。

しかも、彼らは水の流れる音を聞くと
その場所にダムを作る習性があるようで、
場合によってはダムが無駄に作られていくこともあるのです。

ですから、本来水が届いていたはずの
場所まで水が行き渡らなくなったり、
別の場所で洪水を誘発したりするようにもなります。

 

さらにビーバーは
体の大きさの割に大食感であり、
一日に2kgもの木や草を食べます。

そしてやはりネズミの仲間だけあって
繁殖力もかなり高いので、
自分達の住む安全な環境を確立した場合、
どんどん増えていくということになります。
※出産は年に一度1~6匹程度

現に、1940年にアルゼンチンが
50頭のビーバーを輸入したのですが、
それがなんと2008年までに10万頭にまで増加しています。

そのため周囲の森林が
どんどん破壊されていき、
現在では害獣扱いとなってしまっているのです。

いくら可愛い動物ではあっても、
環境を破壊されていくのを黙って
みているわけにはいかないですから、
まあこれはしょうがないですよね。

 

ただ逆に、ビーバーが作るダムというのは、
ほどほどに水が塞き止められることで
植物が育つのに適した環境となり、
他の動物たちも集まるようになるというメリットもあります。

その場合は、マイナスどころか
むしろプラスになるわけなのですが
ちょっと油断すると一気に
増えてしまうとなると、なかなか
人間の思い通りに利用するのは難しそうですね。

 

※ビーバーのダム建設

 

Sponsored Link

 

毛皮を巡り戦争も

実はビーバーの特徴はその生態だけではありません。

彼らの毛皮は大変柔らかいので、
高級素材として人気を博したのです。

かつてとある国がそのビーバーの毛皮を
独占しようとした結果、大規模な戦争に発展ことがあります。

それは17世紀中頃のアメリカ大陸を舞台とした、
大きく括ればインディアン国家の一つである
イロコイ連邦とフランスの争いですが、
実際はイギリスを含むヨーロッパの国々と
他のインディアン部族も巻き込む、
大変悲惨な戦争であったようです。

もともと大陸にヨーロッパ人が
アメリカ大陸に入植して猛威を振るっていた
時期で雰囲気も悪かったでしょうから、
高級毛皮素材であるビーバーの存在が
引き金になったわけですね。

呼び名もそのままで、ビーバー戦争です。

 

その結果ビーバーがどうなったかというと、
やはり当然のように乱獲されてしまいました。

まあ当時の人達は人間ですら
物として扱っていたくらいですからね。

それからも乱獲は続き、19世紀前半には
年間10~50万頭が乱獲されたと言われています。

こんな勢いで数を減らしていったら、
絶滅するのも時間の問題ですよね。

このままではヤバい、と考えて
アメリカやカナダが保護法を成立させ、
何とかその流れを食い止めたわけです。

 

保護したり、駆除したりと本当に忙しいですね。

でもそもそもの発端は
全て人間が作っているわけですから。

ビーバーはむしろ、振り回されている
だけの被害者と言えるでしょう。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ