スマートフォン解析

ドクターフィッシュは効果様々だが危険も?値段は安く飼育も可能

ドクターフィッシュという
人間の体を綺麗にしてくれるとされる魚が存在します。

ドクターフィッシュ(ガラ・ルファ)m

実際に様々な効果が期待できるようですが、
一方で危険な面もあるようです。

 

Sponsored Link

 

ドクターフィッシュとは

ドクターフィッシュとは通常、
コイ亜科の魚であるガラ・ルファのことを指します。

ドクターフィッシュガラルファ
※ガラ・ルファの成魚

 

全長約10cm程度で、西アジアの河川域に生息。

寿命は7年程度。

淡水魚ですが、37℃という高温や
沼等の少し汚れ気味の水中でも生息していて、
淡水魚の中でもかなり環境適応能力の高い種となっています。

基本的には普段は石周辺でじっとしていて、
お腹が空いたときに活発に動き出します。

食性は雑食であり、
主な食事は石や岩などのコケ等や、
水の底の方にいる微生物や昆虫の幼虫等。

 

ドクターフィッシュの効果

ドクターフィッシュと言えば、
人間の角質を食べることで知られています。

それによって肌がサラサラになるわけですね。

 

しかしながら、実は人間の角質は
ドクターフィッシュにとっては主食ではありません。

角質を食べるのは生後2ヶ月から
2年半くらいの幼魚のみで、
まともな食べ物が他にないときに、
仕方なしに食べるものなのです。

そのために、それなりにお腹が空かないと食べないので、
銭湯等にいる彼らにはあまり餌を与えられていないようです。

なかなか気の毒な話ですね。

 

意外な効果も

さらに、ドクターフィッシュの効果は
ただ肌の角質を食べてくれることによる美白作用に留まりません。

アトピーや、皮膚病等の治療としても
効果があると言われています。

 

 

また、彼らは基本歯がなく、
食べるときに食べ物を咥えて吸引します。

そのときにわずかな刺激や
振動があるのですが、
これに

「マッサージ効果」
「リラクゼーション効果」

があるとして、
心理的な効果も期待できるとされています。

現在ではもうすでに医療行為として
認識されるようになっていて、
保険も適用されています。

まさしくドクターフィッシュですね。

 

Sponsored Link

 

危険性とは

しかしながらその一方で、危険性も指摘されています。

それは感染です。

ドクターフィッシュが角質を食べた人物が
何らかの感染症を患っていた場合、
別の人物の角質を食べることで
その相手にそれが感染する可能性がある、と言われているのです。

実際、噛んで傷ができるわけではないので
その可能性は非常に低いとされているのですが、
中にはもともと小さな傷があったり
する人もいます。

これは医療現場で使用される場合には
まずないと考えて良いのですが、
その辺の銭湯等だと普通にあり得るでしょう。

そのときにその人物が何らかの感染症を患っていれば、
ドクターフィッシュはそれを拾ってしまいます。

そこでこちらも傷があったら、
普通に感染してしまうというわけです。

これはたとえわずかな傷であっても
危険性が伴うところなので、
少なくとも自分は足湯等で
ドクターフィッシュに掛かる前に
必ず確認しておくべきでしょうね。

このような衛生上の理由から、
商業施設等での使用自体を禁止しているところもあるようです。

確かに使い回しは少し怖いです。

 

また、ガラ・ルファ以外のドクターフィッシュに関しては、
まだまだその安全性が全く保障されていないのが現状です。

海外では同じようなサイズの淡水魚である
タウナギカンディルを使って
大変な目にあった人がいるようです。

タウナギunattel
※タウナギ

ただし、これは完全に自業自得です(笑)

カンディルなんて普通に鋭い歯がありますからね。

カンディルの鋭い歯
※カンディルの歯

 

そうなると、日本で気を付けるとしたら
やはり自分に傷口がないかどうか
というところでしょう。

そこさえ押さえておけば、
恐らく危険性はほとんどないと思います。

それよりも明らかに
良い効能を感じている人の方が多いのですから、
むしろやった方が良いと私は思いますけどね。

 

中国やインドのような
衛生が雑な国では受けない方が良いでしょうが。

凄い数ですね(笑)

心配な人は、その場の衛生状態を見て
あまり綺麗じゃなかったらやめておくのもありだと思います。

 

《人気の高い淡水魚》

グッピーの繁殖―稚魚を成長するまで隔離すると増えすぎる?病気は注意

 

値段は安く飼育も可能

ドクターフィッシュ
を飼育することはそれほど難しくありません。

値段も、意外と安いです。

20匹4000円~5000円程度

でも購入可能となっていますし、
ネットでも手に入れることができます。

一般的な淡水魚と比べてもかなり安価ですね。

ただし当然ながら
環境も用意する必要があり、
ここにはそれなりのお金が必要になってきますが。

また、基本的には水温調節のための
水槽用ヒーター等も必要となってきます。

あと、飛び跳ねるのでガラス蓋は必須です。

 

飼育上の注意点

いくらガラ・ルファが
丈夫な魚といっても、それは「淡水魚の割に」
という程度ですから適した育て方をしないと
確実に弱ってしまいますし、失敗します。

 

水温

まず水温に関して、
彼らは一応25℃から37℃まで
生きることができますが、
一番ストレスが掛からないのは
28℃~32℃程度であると言われています。

 

ちなみに、これはオマケ知識になりますが
ドクターフィッシュは水温や水質によって
行動パターンが変わります。

25℃程度の低水温だと
岩陰に隠れてほとんど動かなくなり、
30℃を越えるような水温だと活発になります。

この理由は、野生のドクターフィッシュの
天敵が活発に活動できる水温であるかどうか
の基準になっているからです。

天敵がよく動ける水温で動き回るのは危険で、
あまり動けない水温のときは安全、というわけです。

ですから、30℃以上にしておいた方が
観察する上では良い、ということですね。

 

食べ物は雑食であるために、
人工飼料でも大丈夫です。

適量としては

1日~2日に1回程度で
1~2分で食べつくす量

とされています。

むしろ多過ぎた方が体調を崩すので、
お腹が空けば水槽内のコケも食べますし、
餌の量は少し少なめでも良いと思います。

 

他の魚に注意

特に稚魚として飼い始めた場合は
非常に小さいので、他の比較的大きな熱帯魚と
同じ水槽に入れたらすぐに食べられてしまいます。

 

水質

水質に関しては、一番事故が起き易く、
気を遣わなければならないところでしょう。

それについてはこちらのサイトを
ご参考にして頂いた方が良いと思います。

参考サイト:www.geniusworld.jp

 

最悪飼育に失敗しても
値段が安いのでしょうがないと
割り切れるかも知れませんが、
命には違いないので
「まあ逝ったら逝ったで良いや」
という軽い気持ちで飼うのはやめた方が良いでしょう。

飼うのであれば、きちんとした
方法で愛情を込めて育ててあげて欲しいです。

あと、前述のように角質を食べるのは
生まれて2年半くらいまでですし、
腹を空かさないといけないので
それを目的で買うのはあまり意味がないと思います。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ