スマートフォン解析

オオカミウオの特徴とは:大きさや釣り方、味に値段等

皆さんはオオカミウオという魚をご存知でしょうか。

「幻の魚」の異名を取る特別な魚なのですが、先日TOKIO山口達也さんと城島茂さんが釣り上げたことで話題になりました。

ここでは、魚・釣り好きの筆者がこのオオカミウオの生態や特徴、食べた際の味や値段について取り上げていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

オオカミウオの特徴

オオカミウオは東北地方の北部オホーツク海ベーリング海水深50メートルから100メートルの岩礁域に生息しています。

アイヌ語で「神の魚」という意味の「チップカムイ」と呼ばれていて、現地の人々の間では「釣れたらラッキー」と考えられているくらい珍しい魚なようです。

そのため、釣り上級者でもなかなか釣り上げることの難しい魚であり、「幻の魚」とも呼ばれています。

また、オオカミウオには巨大な歯が並んでおり、非常に恐ろしい顔つきをしています。

この歯と顎は硬い貝殻を嚙砕くほどの強靭なので、不用意に刺激を与えるようなことをするのは絶対にやめておいた方が良いでしょう。

 

このオオカミウオは、最近では水族館などでも展示されるなどされていますが、青森市の浅虫水族館では2016年に日本の飼育下では初となる孵化に成功しました。それでもまだ稚魚の多くが死んでしまうなど、計算が立てられるほどではありませんが、今後の養殖に期待できる第一歩となったのではないかと思います。

 

オオカミウオの身体の色や大きさ

オオカミウオは、ギンポの仲間なので体が細長く、体色はやや暗い青や暗めの褐色、黒色、赤褐色などの個体が存在しています。

スズキ目の魚で、釣り上げられている平均的なオオカミウオの大きさは、1m未満のものが多いようですが、大きいものになると1mを超えるような超大物まで存在しているようです。

そんな大きなオオカミウオを釣り上げる事が釣り師のロマンとして多くの釣り師たちが1m越えのオオカミウオを毎年狙いに北の海へやってくるようです。

 

※スキューバダイビングで面会したリアルなオオカミウオ

 

オオカミウオの釣り方

オオカミウオは冒頭でお話したように、50mから100mの岩礁域に生息しているので、基本的には、船からの釣りになるかと思います。

稀に磯からでも水深があれば狙えるかもしれませんが、岩礁域になると根に潜られやすいので、磯から狙うには少々不利な釣りになるかと思います。

シーズンとしては、7月から8月の間が良く、時間帯としてはオオカミウオが夜行性ということもあり本来ならば夜の方が釣れるとされています。

とは言っても実際は昼夜問わず狙える魚ですから、昼間の釣行の方が周りが見えるので初心者であれば昼間がおすすめです。

また、餌はオオカミウオ自体が大きな魚なので、食べるものもそれなりの物を用意します。

そんなオオカミウオの餌としてよく使用されているのがイカやサンマです。

オオカミウオは幻の魚とは言われていますが、岩礁域の同じポイントに固まって生息していることが多いためか、釣れ始めると結構数が釣れる魚でもあるようですね。

 

Sponsored Link

 

オオカミウオを食べることはできるのか

海の魚というと、毒がある魚が多いですよね。

しかも海洋生物は大型の物が多いため、何人の人の命を奪うことができるのだろうか、と思わせるような強力な毒を持っている魚が多いです。

そこで気になるのが、「オオカミウオは食す事ができるのか?」ですが、ギンポの仲間なので顔はイカツイですが以外に食用になります。

調理法はというと、白身魚なので何と言っても天ぷらにして食べるのがおすすめです。その他にも、ムニエルや鍋にするのが良いです。

刺身を取る際には、悪くなるのが早い魚なので本当に新鮮でないと刺身で食べるのは避けた方が良いかと思います。もしも、刺身で食べたいのであれば、釣り上げて直ぐに船で捌いて刺身にしてもらうと良いかもしれません。

 

オオカミウオのお味は

オオカミウオは淡白な白身で脂が乗っていますので、見た目以上に美味しいです。

よく癖のある味で食べる事ができる人と食べる事が出来ない人がいる食べ物がありますが、オオカミウオの場合は癖のある魚ではない為、多くの人に受け入られるような魚になります。特に、強靭な顎の肉は鶏肉の様な筋肉質のため、歯ごたえもあり美味しい箇所です。

ただし淡白な味わいなため、しっかりと味付けをすることが大切ですね。

それでも刺身の味は、同じ北海で捕れる鮭やホッケには勝てず、地元でも生食で食べる人はあまりいないようです。

生食が微妙な理由はその生臭さにあるのですが、その臭いは天ぷらやフライにすると消えますので、やはりオオカミウオを食べる場合には油で調理をするのが良いということです。

 

オオカミウオのお値段は?

釣り人の間で幻の魚と言われるオオカミウオですが、日本ではどちらかと言うと地魚として扱われています。

価格は重さで決まっているようで3kから4kで4900円7kから8kの大きな物になると1万円を超えてきます。

地魚として扱われているとはいえ、やはり希少なため金額もそれなりに高価になっています。

鮭やホッケに比べたら味は落ちるかもしれませんが、一度食してみてはいかがでしょうか。

お金と時間に余裕のある方や興味のある方は、オオカミウオの味だけではなく実際に船で釣り上げて力強い引きも楽しまれたらどうか、と思います。

 



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ