スマートフォン解析

ソウギョは日本最大の淡水魚?釣り方や味、繁殖しない理由は

中国四大家魚と言えば、植物性プランクトンを食べる「ハクレン」動物プ性ランクトンを食べる「コクレン」淡水生巻貝類などを食べる「アオウオ」。そして、その名前の通り草食性で水草や水辺の草を食べる「ソウギョ」になります。

中国原産ではあるのですが、最近では日本の野池などに放流されて水草などを食べつくす為に環境省によって要注意外来生物に指定されました。

 

Sponsored Link

 

そんなソウギョですが、実は釣り人の中では「一度釣り上げてみたい」と言われるような、憧れの魚でもあります。東京都内でかなりの大きさの個体が釣れるなど、釣り好きにはたまらないであろう話もあるようです。

ここでは、そんな中国四大家魚のソウギョについて、その特徴に釣り方や味、繁殖法と意外と繁殖しない理由について取り上げていきます。

 

ソウギョの特徴

ソウギョは中国原産の魚で、大陸性の長大な大河と大河に連なる湖沼などに生息しています。

中国南部ではその草食性を活かした、有機農業と結びついた伝統的な養殖システムを用いて養殖をされている魚になります。

ソウギョは古くから貴重な蛋白源として特に農村部では食されており、中国を中心にべトナムからアムール川流域まで広く東南アジアに分布しています。

最近では、ペットとして輸入されるなど世界中へ輸出され、観賞用のソウギョを川に放流するなどの理由により、その地方の水草を食べてしまうことで、生態系を乱すなどの被害が出ている外来種として日本でも指定されています。

ソウギョは体調は大きい個体で2mに達する超大型の淡水魚です。

これは実際のところ、日本に棲息する淡水魚の中では最大級のサイズになります。

ただし、日本に定住している個体は大きくても1m前後ほどの個体で、本場のソウギョと比べるとやや小さいサイズの物がほとんどになります。

とはいえ、それでももっとも大きい部類には違いないですし、確認がされていないだけで2mのソウギョも居るのかもしれません。

日本の川にそんな大きな魚がいると思うとちょっとビビりますね。

110cmでもこの大きさになります。

>>ソウギョを釣った方の動画

 

もし仮に2m近いソウギョと出会えたら、記念撮影を必ず忘れないようにしなければならないでしょう。

 

ご覧の通り、ソウギョはコイ科に分類され、見た目もコイに似ています。

しかし、体色が緑がかった灰色で腹部は黄色みがかった白色をしており、模様はありません。

コイに似た外見ですが、コイの背びれは前後に細長く伸びているのに対して、ソウギョの背びれは小さく丸い形をしているのが特徴で、見比べてみるとその違いは良くわかります。

 


出典:ソウギョwikipediaより


出典:コイwipiediaより

 

ソウギョの釣り方

ソウギョは淡水魚でありながら、その大きさと引きの強さから一度釣り上げてみたいという釣り人も多いのですが、釣り方はどのような方法なのでしょうか?

そもそも草食のため、虫などを餌にしても釣れるはずがありません。

最も有名なのは葦の葉を餌にする方法で、周りの足を踏み倒し水面に葦の葉が浸かるようにします。

そして、餌である葦の葉が真ん中に浮かぶように浮かべ釣り上げるのです。

基本的にソウギョは夜行性で警戒心が強いため、置き竿で隠れて狙うと釣れやすいようです。

 

この他にも食パンを使う方法もあるようで、草張りの方法が分からないという方は食パンでの釣法をお勧めします。

また、ルアーでの実績もあるようですが、基本的に草食の魚なので、ルアーで釣る際はスレ掛かりか、水面に浮いている餌と一緒に吸い込ませる方法が簡単なようです。

 

※ソウギョ釣りの例

 

≪話題になったオオカミウオとは≫

オオカミウオの特徴とは:大きさや釣り方、味に値段等

 

ソウギョの食べ方と味は

ソウギョの身は淡白で、鯛と言われれば全く疑うことが無いくらいに癖が無く、川魚特有の臭みもないので食べやすいようです。

ソウギョを食べるというと少々抵抗がある人も居るかもしれませんが、原産国の中国では普通に食べられている魚です。

日本で言うコイ食と思ってもらうと、イメージが湧きやすいかと思います。

中国では、蒸す、揚げる等の他スープにするなど様々な食べ方があり、中には生で食べる人もいて、味付けは唐辛子や醤油、酢などだそうです。

日本国内でも、意外に食べられていたりします。

ただし、ソウギョには有棘顎口虫という寄生虫がいる可能性がある為、生食は避けるべきでしょう。

 

今後ソウギョの放流が増えてしまうと、日本の生態系に大きな被害をもたらす可能性がある為、釣り上げた場合には持ち帰り調理して食べていただければと思います。

いくら日本での繁殖成功率が低いとは言え、日本に適した魚になる前に対策をする必要があると言えるでしょう。

もし、ソウギョ釣りをされている方や、これからソウギョを釣ろうと思う方は、食べるのも一種の駆除になりますので、是非ソウギョの引きだけではなく、味も堪能してみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Link

 

日本で大量に繁殖しない理由

ソウギョは繁殖力の高い魚ではあるのですが、日本では多くが不法で放流されているにも関わらず意外と繁殖していません。

その理由は、日本の多くの川はソウギョの繁殖にとって不利な環境であるからです。

ソウギョは水温18℃以下になると産卵活動を行い、浮遊性のある大型の卵を産み落とします。

生み出された受精卵は、水を吸い5mmほどの大きさになり、川の流れに乗ってゆっくりと川を下り、産み落とされて50時間から70時間ほどで孵化します。

実はこの繁殖スタイルのため、日本の川では海まで流されてしまうケースが多く、淡水魚のソウギョはそこで息絶えてしまうのです。そのため、日本ではなかなか自然繁殖していません。

ですから爆発的な数の増殖は見られませんが、唯一利根川水系では繁殖が成功しています。

しかしながら、ソウギョの寿命は長くて10年問と言われていますので、年月が経つにつれて、利根川以外のソウギョは自然消滅してしまう可能性もあるようです。

ですがアメリカではアジア鯉が爆発的に増えたりしているので、ソウギョも油断すると環境に適応して一気に増える可能性があります。なので、釣ったらリリースではなく持ち帰って食べた方が環境保全になるかも知れませんね。

 



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ