スマートフォン解析

イリエワニとかナイルワニのギュスターヴよりサルコスクスは異次元

イリエワニやナイルワニは、現存するワニ種の中で最大級のサイズを誇ります。

巨大ワニhorror

 

イリエワニ

イリエワニはオスだと平均5m 体重450kgにもなります。

これだけ大きいのにも関わらずけっこう広い範囲に生息していて
インド南東からアジア大陸に掛けて、さらにオーストラリアなどにも。

海流に乗って、移動して広がっていったらしいです。
つまりどんどん新しい土地を開拓できるタイプの種、ということです。

ですから、一歩間違えば日本にも生息するところだったわけです(笑)

こんなのがその辺の池とかにいたらヤバすぎますよね。

まあ逆に観光客が増える可能性もあるのですが(笑)

 

Sponsored Link

 

ナイルワニ(ギュスターヴ)

また、最大の種としてもう一種挙げられるのがナイルワニです。

オスの全長は平均で400-550cmですから、イリエワニとも退けを取りません。

その中でもブルンジのタンガニーカ湖・ルジジ川周辺に生息するナイルワニのことは

ギュスターヴと呼ばれます。

なぜこの地域のワニが特別に呼ばれているかと言えば、
それだけ現地の人々に恐怖を与えているからでしょう。

 

実際にサイズもかなり大きめであり、多くの被害者を出しているようです。

6mを超える個体も、珍しくないと言われているほどです。

しかし一方で、現在ギネス記録のワニの体長はイリエワニの6.17mです。

(その内容についてはこちら)

巨大ワニのギネスが危うい?世界最大の個体をパナマ運河で捕獲か

 

しかしながら、現在生息しているギュスターヴの中には、
7mを超える個体もいるのではないかと言われています。

結局捕獲したワニしか正式に計測することはできないため、ギネス申請ができないのですが。

せめて、動画くらい撮ってほしいものですが・・・(^^;)

また、ギュスターヴの皮は厚過ぎて
並の銃では傷を少し付けることが出来る程度だそうです。

 

Sponsored Link

 

サルコスクスは異次元

しかし、そんなすでにとんでもない存在としか思えない
イリエワニとナイルワニ&ギュスターヴを

遥かに超える生物

がいたことを多くの人は知りません。

 

その名はサルコスクス

白亜紀前期(約1億4500万年前から6600万年前)
アフリカに生息していたワニなんですが、

全長は何と11~12mもあったんだとか。

体重に関して言えば、8~10トン!!

現存する中でダントツで地上最大生物であるアフリカゾウをも凌駕します。

《でもゾウもいろんな意味ですごいです》

アフリカゾウ最強説―大きさや体重がヤバい。ライオンも猫同然

 

こちらのサイトを見れば、そのサイズの化物振りが一発で伺えます。

化石販売の化石セブンサイト

 

噛む力は8トンで、現存する最強生物・イリエワニはせいぜい2トンなのでその4倍はある算段です。

・・・・もう怪獣ですよね(笑)

恐らく人間なんかはスナック感覚で、車ごと食べられそうです。

戦い方は現存のワニと同じで噛み付いて捻って一撃で最大ダメージを与える方法です。

 

これでほとんどの恐竜を倒し、食べていたようです。

この生物にかかれば、現在ダントツで地上最強のアフリカゾウも余裕でやられたでしょうね(^^;)

 

また、約8,000万- 7,300万年前の北アメリカにはデイノスクスというワニもいました。

そのワニについては頭蓋骨のみが発見されているのですが、
なんと約180cm以上にもなるそうです。

そこから全体を想像すると、こちらも恐らく10m以上になるのではないかと言われています。

やはり恐竜が生きた時代というのは生物のサイズが規格外です。

 

個人的想像

これは私の勝手な想像ですが、
この時期の生物たちの進化の意思は、現在とはちょっと違っただろうと思います。

とりあえず生物は生き残るためにデカく進化しなければならない、他の生き物に肉弾戦で勝たなければならないという意思があったのではないでしょうか。

つまり、食物連鎖の上にいけばいくほど有利になる、と。

しかしデカくなり過ぎて自然災害などの際に
逆に不利になることを知り、ただデカくなろうという意思ではなくなったのではないか。

に対して海には巨大生物が現在も生存しているのは、
海はでかい方が有利な面が多いからだろうと思います。

 

・・・しかしサルコスクスやデイノスクスのようなワニが
いたらロケットランチャー等ないとかなりヤバそうですよね(^^;)



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







One Response to “イリエワニとかナイルワニのギュスターヴよりサルコスクスは異次元”

  1. ワレインメイスン より:

    進化は意志ではなく結果です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ