スマートフォン解析

サツキマスとアマゴやサクラマスの違いと見分け方、養殖について

日本古来の魚で食べても美味し士サツキマスですが、実はアマゴと同じ魚です。

海や湖に川から下るものをサツキマス、川に生息している個体をアマゴと呼ばれているのです。

このサツキマスはサケ科の魚で海まで下るのですが、川にいるときはアマゴと見分けが付きません。

見た目的には全く違いがないのです。

その為、サツキマスとアマゴの違いはエラの部分にある塩類細胞という海水と淡水を行き来するための組織の数で見分けをつけます。

このサツキマスはなかなか市場に出回る事がないために、幻の魚とも言われています。

 

Sponsored Link

 

サツキマスの特徴

サツキマスは、年間を通して水温の低い河川の上流を好み生息しているのですが、イワナなどが生息していない九州や四国では河川の現流域まで生息域を増やしています。

サツキマスやアマゴは大きくなると30センチほどに成長します。

この成長した個体には、サケの特徴として見ることの出来る両方の顎が曲がって伸びる「鼻曲がりというものが見られるのです。

渓流釣りのターゲットとしても非常に人気があるサツキマスですが、小さいところにいるわけではありません。

サツキマスは、稚魚の頃には砂の多い川底に作られた産卵床で孵化します。

そのご、4ヵ月ほど過ごした後、春になると流れの緩い場所に移動をしてユリスカやミジンコなどを捕食して育ち数センチほどに成長したころに流れのはやい場所に移動していくのです。

サツキマスは、成長に伴って体色が銀色に変色していき、海へ下ります。

餌を捕食しながら1年から2年ほどで成長し4月から5月になると川に帰ってきて、秋が深まるころに産卵をするのです。

 

サツキマスの養殖

サツキマスの養殖はなかなかに難しいもので、水温の管理や、細菌による感染症によって養殖魚の大半が息絶えてしまいます。

養殖をしても事業化できるほどの成果を出せる物は今までいないのが現状でした。

このサツキマスの養殖に成功しているのが、高知県の石油会社「ヒワサキ」という会社です。

この会社は高知県の自然を生かした事業に着目し、魚の稚魚の養殖を始めたのです。

平成28年の9月から高知大学などと共同で養殖を開始したのです。

その方法は1週間ほど水道水で慣らしたサツキマスを入れた水槽の水を、個体の様子を見ながら1日毎に20%ずつ海水濃度を上げていくという方法だったようで、1回目は生存率が60.2%と低めだった物が2回目には88.4%と上昇しました。

29年5月中旬の出荷前までの生存率も78.8%と高い生存率だったそうです。

通常養殖をする場合には殺菌のために投薬するのが普通なのですが、今回の養殖には細菌がほとんどいない室戸海洋深層水を使用する事で、「完全無投薬」を目指しているとのことで、今後に期待していきたいものです。

また、完全無投薬をする事で、投薬へのコストカットができるため、低価格での流通にも期待が持てそうです。

しかし、問題もあるようで成長のばらつきや、噛み合って喧嘩をしてしまう為に、個体に深刻な損傷が見られるものもいるとのことで、味には問題は無いそうですが、傷の無い個体を目指すのが今後の目標と言えるでしょう。

 

Sponsored Link

 

サクラマスとの違い

サツキマスと良く間違われるのがサクラマスです。

成長すると銀色の体色になってしまう為、見分けがつかないという方も多いかと思います。

サクラマスとサツキマスは朱点が体にあるかどうかで見分けるのですが、この朱点がある方がサツキマスです。

サクラマスとサツキマスは大きな違いがあり、それは同じサケ科の魚ですが、サクラマスはオホーツク海あたりまで回遊をすることがあるため、北の海でも確認ができることです。

その一方で、サツキマスは遠方まで回遊することがなく、その生息域は日本近海と言っても良いでしょう。

基本的に冒頭でも紹介したように、サツキマスはなかなか市場に出回ることがないのですが、それはサツキマスの方が、警戒心が強く釣り糸に掛かりにくく、基本的に釣り糸に掛かるのはサクラマスと言っても良いくらいだからです。

またサツキマスの川に残留するものをアマゴというのに対して、サクラマスの残留型をヤマメと言います。

このアマゴとヤマメの違いはパーマークと言われる側面の模様があるのですが、このパーマークの他に赤い斑点が見られるものがアマゴです。この斑点はサツキマスに見られる朱点と同じものです。

もしも、海で釣った魚や渓流で釣った魚がどちらの魚かわからない時には、よく斑点を確認してみてくださいね。

 



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ