スマートフォン解析

ティラノサウルス、その大きさや重さは凄ェが痛風&羽毛でダサい?

ティラノサウルスは言わずと知れた、誰もが知ってる恐竜ですね。

史上最強なのではないかと言われているほどの、最大規模スケールの肉食獣です。

ティラノサウルスgazo

 

Sponsored Link

 

彼らは約6850万~約6550万年前、中生代白亜紀末期
と呼ばれる時代の北アメリカ地方に生息したようです。

ちなみに一見すると生息期間が短いようにお思いになるかも知れませんが、
これ私たち人間が地球に誕生してからの期間よりも長いですからね(笑)

 

驚くべきサイズと驚異的な特徴

ティラノサウルスの大きさは、現在の研究では
体長で11~13m 体重は5~6トンあったと言われています。

 

そして何より恐るべきはその噛む力であったそうです。

約1.5mもある頭蓋骨から繰り出される噛み技の威力は、
なんと最大で8トンにも達したのではないかと言われています・・・。

現在噛む力最強の生物であるワニですら
せいぜい2トン程度ですから、そのケタ外れのパワーが伝わってきます。

デカい恐竜の頑丈な骨ですら噛み砕いていたそうです。

きっと人間など一噛みで踏み潰されたカエルみたいになるでしょうね。

 

また、現存するとんでもないデカさ&強さを誇る動物としてアフリカゾウがいます。

しかしアフリカゾウと同じ階級のウェイトを誇りながら、これだけ強力な顎の力を秘めているわけですから間違いなくゾウなどでは普通に捕食されていたでしょうね。(もちろん時代は重なっていませんが)

 

しかしながら、こんなとんでもない生物にタメを張る、
もしくはむしろ勝利すら収めそうな更なる化物がいた可能性が指摘されています。

その化物の名は、サルコスクスという同じくらいの時期生息したワニの仲間です。

その生物のキチガイ振りについてはこちらの記事で一発でわかります。

イリエワニとかナイルワニのギュスターヴよりサルコスクスは異次元

 

走力は未だ見解によってバラバラ

一方で走力については、まだはっきりとした見解が出されていません。

算出する上での材料・研究が乏しいため、ある人は時速20km程度であったのではないかと主張しているのに対し、また別のある人は時速60km程度であったのではと主張しています。

20㌔であれば人間でも逃げ切れそうな程に遅いですし、
逆に60㌔であれば滅茶苦茶速いので、これだけ開きがあると全く参考になりませんよね(^^;)

早く出してもらいたいところですが、
いずれにしても強過ぎる存在には違いないでしょう。

 

Sponsored Link

 

痛風持ち&羽毛でダサい?

そんなクソヤベェ生物であるティラノサウルスですが、
なんと痛風に掛かっていたのではないかとも言われています。

痛風とは関節炎が来たす痛みの症状で、
風が吹いただけでも痛むくらいの激痛という意味で名付けられているようです。

 

その痛風の跡が、ティラノサウルスの
ほぼ完全な状態で残っている右手に存在していたということです。

ティラノサウルスの前足

このティラノサウルスの個体も、人間のように痛がっていたのでしょうか・・・。

 

羽毛に覆われていた?

さらにティラノサウルスについて、最近の研究では
羽毛が生えていたのではないかと言われ始めています。

恐竜は爬虫類と考えてる人も多いかも知れません。

実際一昔前まではそうだったのですが、時代と共に理解が深まっていくのと
同時により多くの恐竜が発見され、羽毛の生えた恐竜も多くいることが判明してきたのです。

ですから、実は鳥類に分類されるべき生物なのではないかとも考えられるようになりました。

 

ともかく、今現在こんな感じだったのではないかと

研究者の間で有力なのがこれです。↓

ティラノサウルスに羽毛が?

 

この羽毛、ちびっ子たちの間ではやや不評のようです。

ダサいと言われてしまっていて、ちょっと人気を落としてしまった感がありますねw

 

いずれにしてもまだまだ研究が必要でしょうが、ロマンのある話ですね。

まあ個人的には、将来的に遺伝子操作で
絶滅した生物たちをどんどん復元してもらいたいと勝手に望んでいるのですが(笑)

中でもやはりティラノサウルスは、真っ先に復元してもらいたい生物の一種ですね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ