スマートフォン解析

カバは最強かつ凶暴?しかし肉食でなく餌は何?でも子供は可愛い

カバ、という生物は、けっこうイラストだと
幼児向けでとても可愛いイメージなのではないでしょうか。

カバyabeezo

 

Sponsored Link

 

少なくとも、強いかどうかはともかくとして
とても大人しそうで優しそうで、暖かそうで。

まさか実のところ真実は全然違うだなんて思わないでしょう。

しかしながら、まことに残念なことに
本性はまさに多くの人のイメージとは真逆の生物なのです。

 

まず第一に、何といっても性格がそもそも獰猛

気性が本当に荒く、敵、と判断したら全力で攻撃を仕掛けます。

そして奴らは縄張り意識が半端なく強い。

縄張りに侵入してきた相手に対しては徹底的に撃退を図ります。

それがたとえ、同じカバ同士であっても。

自分よりも弱い相手には、特に容赦しません。

といっても、ほとんどの動物がそれに値するのですが(笑)

 

・・・・そうなんです。

カバは自然界でも、滅茶苦茶強い動物であると言われているのです。

その理由を挙げていきましょう。

まずなんと言っても、そのサイズ。

体長は約3.5~4メートル、体重は約1.2~2.6トン

この時点で、現存する陸生動物ではゾウに次いで第二位を争うサイズです。
(サイのサイズはかなりタメを張りますが)

 

にも関わらず、脚も超速いです。

その走力はなんと時速40㌔と言われていて、
これは100メートル走に換算すると10秒程度でありつまりはオリンピック選手並です。

さらに、その馬鹿でかい口。

カバでかい口gaz

そしてヤバすぎる長い牙。

と同時に、噛む力はなんと1トン!!

まさにいろんな意味で殺傷能力が高過ぎる生物と言えるでしょう。

実際、野生カバが生息するアフリカではカバの犠牲者が年間3000人にも登るそうです。。。

これはアフリカの動物による犠牲者の数字としてはダントツです。

 

※しかしこの生物がもし現在も存在したらさすがのカバも餌食だったでしょう(笑)

史上最強のワニ・サルコスクスは異次元過ぎる

 

ですから強さという意味で生物界最強とは言えないのですが、
危険度という意味ではそのように言えるのではないかと思います。

 

Sponsored Link

 

しかし肉食でなく餌は何?

そんな恐ろしっこな生物・カバですが、実は全く肉食ではないのです。

それどころかカバは分類上完全な草食系なんです。

他の動物を襲うのは、結局性格が獰猛で攻撃的だからであって
別に獲物と考えているわけではないんですね。

例外的に動物を食べるケースも報告されているようなのですが、
それは他の草食動物についても言えるため、あくまで例外と考えて良さそうです。

特に動物を仕留める能力を備えているのだから、
それが食べれないとなるともったいないですからね。

将来的には、もっと肉を食べるように進化するようになる気がしますが。

にしても、その性格は完全に草食ではありませんから、ほんとギャップがありますよね。

 

でも子供は可愛い

こんなヤバい生物なカバさんですが、
まあこれは全ての動物に言えるかも知れません。

やはりと言いますか、赤ちゃんは可愛いのです。

しかも、臆病者ときてます。

これは本当可愛いですよねw

カバの子供頃は大人と違って臆病で、しかも甘えん坊でお母さんについて回るそうです。

 

赤ちゃんカバであれば、家で飼いたいと思ってしまいますよね。

それでも、体重は40kgとかそのくらいはあるみたいですが(^^;)

やはり生まれたときからかなりでかいです。

 

結論として、カバは世間のイメージと違って超危険生物だけど、赤ちゃんは超可愛いとなりました^^



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







One Response to “カバは最強かつ凶暴?しかし肉食でなく餌は何?でも子供は可愛い”

  1. ゆう より:

    時速40キロとは人間程度よりは速いですが
    動物の世界の中じゃ速いとは言えないですね
    アフリカの中じゃ鈍足といっていいと思います

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ