スマートフォン解析

ハイエナはライオンより優秀!赤ちゃんも可愛いけどペットは怖い

ハイエナ、という有名な肉食動物がいます。

彼らは犬っぽい外見をしているのですが、
実際は猫の仲間であるそうです。

ハイエナちょっと怖い

ちょっとイラストの雰囲気が違う気がするのですが(^^;)

 

Sponsored Link

 

最大種はブチハイエナで、
頭胴長は120~180cm、
体重55~85kg程度ですから、
肉食動物の中では中型の部類に入ります。

実はこのハイエナに対して、
世間では間違ったイメージが持たれていますから、
まずその誤解から解いていくことにします。

 

ハイエナの真実:ライオンより優秀

ハイエナという動物は、
他の動物が仕留めた獲物を横取りして
死肉を貪るという印象がありますが、
実際はむしろ自分達で狩りをすることの方が多いのです。

 

しかも、その狩りの成功率も
百獣の王でサバンナの主役とも言える
ライオンよりもうんと高いのです。

脚も最大時速約65㌔と速く、
しかもそのスタミナや噛む力は
動物界でも屈指ですからその狩りの腕前も頷けますね。

ですからむしろ、ライオンの方が
その体格差にモノを言わせて
彼らが仕留めた動物を横取りすることの方が
実際は多いといいます。

 

では、なぜハイエナにそのような
悪いイメージが付いてしまったか。

それは、昔の視聴率の高い
動物系ドキュメンタリーが
そのように報道していたからというのは
かなり大きな理由の一つだと思います。

報道とは本当に厄介なものですね(`・ω・´)

 

そしてさらにハイエナは非常に賢くて、
しかも仲間意識が強いのです。

例えば他の動物であれば
怪我をしてしまった仲間は
わざわざ自分の身を危険に晒してまで
助けなかったりするのですが、
ハイエナは出来る限り救おうとします。

そのため、怪我した個体が
生き残る確率が他の動物に比べて
圧倒的に高いのです。

 

さらに、自分の子供でなくても
その子を守ろうとしたりしますし、
お互いに傷付けるような激しい喧嘩もしません。

ですから人間で言うと、
能力があって性格も良い
間違いなく人望があって出世しそうな
非常にできた動物なのです。

※こちらはスマートなのに意外と強い動物です。

キリンの蹴りや首の打撃はヤバい。喧嘩はかなり強い方

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんとかも可愛い

そんなハイエナの真実がわかったところで、
顔を拝見してみたいと思います。

ハイエナはやはりイメージが悪いのですが、
実は改めて見ると顔も可愛いことがわかります。

 

そんな可愛い顔をしたハイエナの赤ちゃんですから、
当然こちらも可愛いことが予想できますね。

こちらは高知県にある、のいち動物園にいる
ハイエナ赤ちゃんたちの動画になります。


うーん、これはちょっと怖いですね。

ほぼ生まれたてのようですが、
すでに肉食獣の本性を丸出しにしています。

でも、大丈夫です。

大きくなるにつれて社会性を身に付けていきますから^^

 

こちらの映像だと、
色んな可愛い表情を見せてくれています。

犬の赤ちゃんのような感じで、

とても愛らしいですよね^^

 

※こちらの赤ちゃんも超カワイイです。

ホッキョクグマのミルク・ララって?赤ちゃん可愛い!

 

ペット

南アフリカの方では、
ハイエナをペットとして飼っている人も多いです。

ハイエナたちの散歩

大型の肉食動物で一見危険かと思われますが、
やはり肉食の中ではかなり温厚で
社会性があり、しかも賢い動物ですから、
ペットとして飼うことは不可能ではないようですね。

 

しかしとはいってもとっさに
野生の本性が表に出てしまうこともあるでしょうから、
その危険を避けるために口が開けないように
輪っかを付けています。

また前述のようにハイエナは噛む力が滅茶苦茶強いので、
街の至るところを噛んで破壊しまくられても困りますからね。

 

とりあえずハイエナは顔も可愛いですし
強いし賢いし優しいという万能な動物なので
本来であれば人気が出て当然なハズ。

もしその事実が伝わっているのであれば、私は満足です。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











2 Responses to “ハイエナはライオンより優秀!赤ちゃんも可愛いけどペットは怖い”

  1. ああ言う名無し より:

    ハイエナ同士で共食いすることあるから
    仲間だから傷つけないってのは間違いかな

  2. ああ より:

    食い方が汚いってのが悪者のイメージを持たせてる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ