スマートフォン解析

チーターの性格は賢く、懐く?速さを感じるシルエットもナウい

地上最速の動物としても有名で、
とても人気のあるチーター

チーター脚速いking

そんなチーターにまつわる
色々なテーマを取り上げました。

 

Sponsored Link

 

チーターの性格は賢く、懐く?

チーターは肉食動物であるため、
一般的には凶暴で危険であると思われています。

しかしながら、実のところその性格は
反対でとても賢く、懐くタイプであるとのこと。

一例としては、観光客が訪れた際に、
その車を他の肉食動物から見つからない、
あるいは手が出せない食事場にしたり、
見張り台にして活用している等があります。

 

そのためペットとして飼っている人も
海外では珍しくないんだとか。

こちらの動画でも、女性が
複数のチーターたちとじゃれ合っていて
とても癒される雰囲気です。

凄いゴロゴロと音がしていますが、
これは猫が喜んでいるときに鳴らす
ゴロゴロと同じ音だそうです。

こういう一つの基準があると、
「ああ確かに懐いているな」
と自分もちょっと
安心できるところがあるでしょうね。

 

でも、あまり調子に乗るとやはり危険です。

どんな肉食動物であってもいつ、どんな衝動で
野生の本能が目覚めるかわかりませんからね。

そのときはその鋭い爪と牙で
切り裂かれて致命傷を負う可能性があります。

それにやはり、ペットとして飼うとしたら
絶対に手綱をしていないといけないですし、
基本的に日本では飼えないことは確かでしょう。

 

:こちらのペットも明らかに危険ですが、海外ではけっこうあるようです。

ハイエナはライオンより優秀!赤ちゃんも可愛いけどペットは怖い

 

Sponsored Link

 

速さを感じるシルエットもナウい

チーターという動物は、
最大で時速90㌔ものスピードを誇り、
この早さを如何なく活用して狩りをします。

長距離は走れませんが、
相手に見つからないように上手に茂みに隠れ、
一気に襲うという戦法をとります。

そのため、狩りの成功率が
他の肉食獣と比較しても非常に高いようです。

しかしながら、その狩りに
特化した進化の代償として、
彼らは強さを失ってしまったと言われています。

チーターは

体長110-140cm
体重40-65kg

程度で、他のサバンナに生息する
肉食獣たちと比較するとかなり小型です。

その上、噛む力があまり強くない等、
速く走るために全体的に体の作りが
シャープになっているので華奢であり、
戦闘にはあまり向いていないのです。

ですから、そんなに体格の違わないハイエナにも
基本的には勝てませんから、相手が一匹であっても
仕留めた獲物を奪われてしまったります。

ヘタをしたら、
かなり鍛えた格闘家なら
勝ててしまう可能性があるほどだと言われています。

 

しかしそれでも、
彼らがサバンナで非常に優秀なハンター
であることには違いないですし、
「最速の存在」であるとして
そこにロマンを感じずにはいられません。

そのロマンというのは、
こちらのシルエットからかなり
感じ取られるのではないでしょうか。

シルエットを勝手にブログで使用すると
著作権違反になってしまいますから、
リンクを貼っておきます。

チーターのシルエット画像

 

絶滅の危機?

ところがチーターは、現在絶滅の危機に晒されている動物でもあります。

いくら脚が速くても、
自然界で淘汰されてしまうとしたら
それは進化を間違えたと捉えられてもしょうがないと思います。

それこそ、オリンピック100m走で
メダルを取れるくらい活躍できれば
良いのですが、そうでないなら他の競技に参加して
バランス良く筋肉を付けた方が良いという考えと同じでしょう。

結局勝てなければ、意味がないのです。

 

もちろん、それを知ってる人間側としては何とか
彼らの絶滅を食い止めたいとして努力することは当然と言えます。

それにもともと魅力的で人気の高い動物ですから、
個人的にも絶滅は何としてでも避けて欲しい、
という気持ちはあります。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ