スマートフォン解析

土佐犬は強いし性格も強気だけどライオンやピットブルにはビビる?

土佐犬という、犬種がいます。

正式名を土佐闘犬というのですが、
その性格と一般的な強さなどについてを取り上げてみました。

 

Sponsored Link

 

土佐犬とは

実は彼らは、人間の交配コントロールに
よって生み出された動物です。

土佐犬gotuin
出典:土佐犬ウィキペディア

 

明治時代、闘犬が盛んであった
土佐藩(四国)でかつて四国犬等の
もともと地元に生息していた犬種に
ブルドッグやブルテリアやグレート・デーン等
を掛け合わせて作られています。

四国犬について言えば、
柴犬より少し大きいくらいで大体15~25kg程度です。

様々な犬種をゴチャ混ぜに
ブレンドしていますから、
その大きさや性格の違いの幅は広かったりします。

実際に体重は30kg台~100kg以上ということなので、
かなり個体差がある犬種と言えますね。

 

性格は強気

交配した目的が闘犬をさせるためなので、
性格も闘犬向きになっています。

四国犬は比較的大人しく聡明で、無駄な戦いを
避けようとする傾向があるのですが
土佐犬は逆に縄張り意識や闘争本能が強いです。

 

ただ一方で興奮すると我を見失って
ただただ敵とみなした相手を
倒すことだけを考えるため、非常に危険です。

普段は飼い主に従順でも、興奮したら
見境がなくなって一緒に攻撃されることもあるそうです。

実際これまでにも数々の
咬傷事故を起こしていて、
海外では「危険犬種」に指定されていますね。

 

基本的にどんな相手にも怖がらず、
立ち向かう勇気
(と言って良いのかわかりませんが)
を持っています。

ですから完全に、闘わせないのであれば
あまりペットにも向いていないということですね。

番犬としては良いのかも知れませんが。

 

ちなみに闘犬というのは、一見動物虐待に
当たりそうな気がするのですが
別に噛み付いたりするわけではなく、基本的には安全です。

 

Sponsored Link

 

ライオンやピットブルにはビビる?

先日バラエティー番組のシルシルミシルで、
土佐犬がどれだけビビらないかどうか
検証する企画をやっていました。

その際には、熊やゾウといった
自分よりも遥かに大きい生物に対しても
ビビらなかったようです。

しかしながらライオンに対しては
見事にビビってしまい、
完全に腰が引けて逃げ腰になっていました。

ライオンのフリーイラスト

どうやら、完全に逃げる準備を整えていたようです・・・。

 

※ちなみにこちらはライオンvsトラ
とそのブレンド生物の記事です。

ライオンとトラではどっちが強い?交配させたライガーがヤバい

 

ここで少し疑問に思うのは、
熊やゾウの方が体格的には
大きいはずなのに、なぜ彼らには
ビビらずライオンにはビビってしまったのか。

これは個人的な考察ですが、
やはり熊やゾウからは身の危険を感じなかったのでしょう。

だから余裕を持てたのだろうと思います。

 

一方でライオンからは
明らかな殺意を感じたため、
「ヤバい!!」と本能的に感じたのではないでしょうか。

実際、熊やゾウと同じに檻の中に入ったとしても
決して自分から喧嘩を吹きかけることはないのだろうと思います。

しかしこれがハイエナであれば、
土佐犬とそんなに体の大きさは
変わらないのですが、別にライオンに対して
そんなビビることはありませんからね。

何故かと言えば、ハイエナは
同じ生息域で常にライオンと
餌を奪い合う必要がありますから、
自分よりも強いからと言ってビビってる場合ではないからですね。

ハイエナちょっと怖い

逃げるにしても冷静に、躱すように逃げます。

そういう点では、ハイエナの方が
本当の意味で勇敢で、土佐犬の方はちょっと
虚勢を張っていると言えるのではないでしょうか。

まあ命懸けの環境を生きているわけでは
ないので仕方ないとは思うのですが。

 

※ハイエナは、本当はすごく優秀です。

ハイエナはライオンより優秀!赤ちゃんも可愛いけどペットは怖い

 

ピットブルとは

ピットブルというのは、犬種全体でも
かなり強い方な部類と言われています。

アメリカン・ピットブル・テリア
出典:http://www.getgoal.jp/today/goods/271.html

土佐犬同様、闘犬としても扱われるために
その性格はかなり凶暴なようです。

 

しかし土佐犬と違い、ただただ凶暴
なだけではなく自制心もあるし知性も高いので、
ちゃんと躾ければかなり優秀な、
犬社会の中でもリーダとして
やっていけそうな性格になるようですね。

ピットブルの一般的な大きさは
体重が約16~27kg程度ということで、
土佐犬と比較しても一回り以上小さいです。

にも関わらずその筋力や運動能力が
並外れていることから、
サイズで完全に負けていても
土佐犬に勝ってしまうことも珍しくないそうです。

 

ただそれでも基本的には土佐犬は
ピットブルにビビることはないのですが、
こちらのピットブルに対してはビビらざるを得ないのではないでしょうか。

ピットブル筋肉ムキムキ

どうやらこれは、突然変異なようです 笑

もう筋肉がオカシイですよね。

犬版のプロレスラーのような感じです。

 

まあでも、犬はみんな従順で可愛いですから
土佐犬がヘタレだろうと何だろうと関係なく愛せますけどね^^



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











2 Responses to “土佐犬は強いし性格も強気だけどライオンやピットブルにはビビる?”

  1. / より:

    他の番組ではライオンに色んな犬種を鉢合わせたらどうなるか実験してて、小型犬は勇猛にも向かっていってましたね。ただライオンも全くビビってなかった。
    そして土佐犬と鉢合わせたら睨み合った末にライオンの方がビビッて背を向けてしまっていましたね。

    • dobbled854 より:

      そんなこともあるんですね(笑)
      さすがに強さなら絶対勝てると思ってるでしょうけど、怪我したくないという気持ちからでしょうか。
      同じ動物であっても人間と同じで性格はそれぞれなんですかね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ