スマートフォン解析

アルパカは鳴き声も可愛いがつば吐く?牧場が北海道や八ヶ岳等に

アルパカという動物をご存知でしょうか。

犬のような、羊のような
不思議な生き物という印象を抱いている人もいるかも知れません。

アルパカきゃわいい

そんなアルパカの特徴や、日本で出会える場所をまとめました。

 

Sponsored Link

 

アルパカの特徴

アルパカは主に南アメリカに生息するラクダの仲間です。

同じくラクダ科に分類される
ビクーニャやラマといった動物と共に、
南アメリカの国々
(ペルーやアルゼンチン北部など)
ではポピュラーな家畜として、放牧されています。

体高が1m前後
体重が50kg前後

と、ラクダと比較したら一回り以上小さいです。

 

のんびりしていて非常に大人しい性格。

時速40㌔くらいのスピードで
走れるので足は速いのですが、
基本的に家畜として飼われていることから
外敵がおらず、全力で走る機会があまりないようです。

外見の特徴としてモフモフの体毛に、
顔は愛嬌があってとても可愛いです。

その表情が笑っているように見えることから
そこに癒しを感じる人も多いようです。

しかも人に懐き易いため、アメリカでは
ペットとして流行っていたりするようですね。

 

鳴き声も可愛い

アルパカは鳴き声も可愛いです。

あまり声帯が発達していないため、
鳴くことは少ないそうですが
すごく平和的な雰囲気を感じさせる動物ですね。

 

攻撃方法はつば

あと草食動物でも、馬なら後ろ蹴りであったり、
牛なら体当たりといった攻撃方法が
あるのですが彼らにはそういう物理攻撃はできません。

しかしその代わり唯一の武器として、臭いつばを吐けます。

 

このつばによって、
相手を怯ませるという戦略ですが
どのくらい効果があるのかはわかりません。

当然ですが、無礼であったりして
敵だと判断した人間にも
つばを吐きかけることがあるようで、
これが人間からしてみたらアルパカの
唯一腹立つところと言えるでしょうか。

 

こちらの動画をご覧下さい。

狙い澄ましたかのように、見事に喰らわせていますね。

ゲップみたいな音も立てていて、
ちょっとイメージが崩れてしまいます。

まあ、動物たちは自分達が
厳しい自然界の生存競争を生き残るために
進化してきてるわけで、人間の可愛いイメージに
適応していくことなんて考えてないですからね 笑

それがたまたま、動物によっては可愛いだけで。

 

こちらはその凶暴性とは裏腹に可愛いですし、
赤ちゃんはヤバい可愛さですよね^^

ホッキョクグマのミルク・ララって?赤ちゃん可愛い!

 

Sponsored Link

 

牧場が北海道や八ヶ岳等に。どこで会える?

日本でも、アルパカと会えるアルパカ牧場がいくつかあります。

北海道では

上川郡剣淵町東町にある
ビバアルパカ牧場

 

栃木県では

那須郡那須町にある
那須アルパカ牧場

 

長野県では

諏訪郡富士見町にある
八ヶ岳アルパカ牧場

 

等がポピュラーなようですが、
それ以外の多くの場所でも会えます。

こちらでまとめられていますので、ご参照下さい。

アルパカと会える場所まとめ

 

笑っているかのような表情と
フワフワした毛とおっとりした性格で、
癒しエッセンスが満載な動物ですから人気抜群なようですね。

基本的に動物というのは
癒されるものなのですが、
アルパカの場合は他の動物にはない
癒し力を秘めています。

それだけに、臭いつばを吐くというのは本当に
勿体無いことだな、と感じずにはいられませんが・・・
(人間の勝手な都合上の話です 笑)



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ