スマートフォン解析

タランチュラには毒がなくペット可で味も旨い?…が最大サイズはヤバい

タランチュラという有名なクモがいます。

タランチュラチョイ恐

しかし一般に知られる
タランチュラのイメージというのは、
実際のそれとは大きく異なる可能性があるのです。

 

Sponsored Link

 

タランチュラとは

タランチュラとはクモ目の
オオツチグモ科に属するクモのことを指します。

 

日本にこそ野生では生息しませんが、
世界ではかなり広い地域に、
様々な種のタランチュラが存在しています。

かなり小さいタランチュラもいますが、
一般的なものであれば
大体7~12cm程度の大きさになります。

 

こちらのチリアンコモンタランチュラは大体
7~10cmくらいのサイズの種になりますが、
これでも手のひらが埋まるほどの大きさです。

タランチュラ怖いね
出典:パンデモニウムブログ

食べ物は他の虫だけではなく、
その大きさ故に小さめのカエルやネズミ
鳥のヒナといった脊椎動物も餌とします。

 

最大サイズ

これまで発見された中で
最大のサイズとして
ギネス認定されているのは
ゴライアスバードイーターという種の個体です。

和名をルブロンオオツチグモといいます。

もともと大型のバードイーター種の中でも、
最大のサイズを誇る種類のタランチュラ。

南米の熱帯雨林帯に生息するのですが、
体長は10cm程度でも足を合わせたら
20cmにも達するという、もはや
クモと呼ぶのも失礼なくらいの大きさです。

 

しかしギネスの個体はそれを遥かに上回り、
普通に体長だけで20cm近く、
そして足を合わせたら
35cmくらいいってしまっています。

タランチュラでかすぎ

こんなクモが足元を歩いていたら
気絶してしまう人もいるかも知れませんが、
熱帯雨林にしか生息しないので
そういう意味では安心です。

 

こちらは世界でもトップクラスに
大きい蜂についてのあれこれになります。

スズメバチの生体―女王は立派でオスはヒモ?巣は冬にどうなる

 

Sponsored Link

 

毒はなくペット可?

実はタランチュラ、
ペットとしても地味に人気があります。

その理由として挙げられるのが、
まず大怪我をする危険性が小さいこと。

タランチュラというクモに対して、
過去に恐ろしいイメージをメディアを通じて
世間的に植え付けられたことから
「恐怖の毒蜘蛛」だと思っている人も多いです。

しかしながら実際のところは、
タランチュラの持っている毒というのは
人間からしてみれば弱く、基本的に
人を危険に陥れるようなものではない
と言われているのです。

 

一方で気性については
種によってかなりまちまちで、
荒い種もあれば穏やかな種もあります。

その中で人気なのは大型種である
バードイーターに属する種で、
理由はサイズが大きいのにも関わらず
比較的穏やかであるからだと思います。

 

この裏の心理としてあるのは、
もともと恐ろしい毒蜘蛛としての
イメージがあったために
タランチュラ(特に大型)
に対しての意識が強化され、
そして「実は安全な優しい生き物」
となったところで恐怖が愛情に転じたと考えられます。

無自覚的にギャップを産み出し、
魅了してしまったわけですね。

また、純粋に見た目の恐ろしい
生物を飼っていることによる
優越感も根底にはあると思います。

 

ただバードイーターでも
穏やかではない個体や種は普通にあり、
場合によっては噛まれることもあるので
そこは注意しなければなりません。

また、中にはそれなりの毒性を持っている
種もいるようですし、いずれにしても
気安く飼うような生物ではない
ということは確かだと思います。

ですから一部のマニアからは人気はあっても
一般人がペットとして飼うには
未知な危険もありますし、
避けた方が良さそうですね。

 

味も上手い

見た目的にはとても食べ物とは
思えないタランチュラですが、
実のところはかなり美味であると言われています。

よく近い味の生き物として
例えられるのはカニやエビです。

これも種類にも依るのでしょうが、
足の部分はカニで、体の部分は蟹味噌
ということでまさにカニそのもの
といったところなようです。

確かに、体中に毛がたくさん生えていますが
これは毛蟹を連想させるところもありますし、
かなり外見的にも似ていますからね。

 

あるいは、体の部分について
チョコの味がすると言う人もいるのですが、
こちらに関してはちょっと想像が付きませんが・・・

いずれにしても、
美味だと言うことは言えそうです。

 

・・・・がそれだったらわざわざ
タランチュラを食べなくてもカニやエビを食べるよ

と思ったそこのあなた。

それを言ったら身も蓋もありませんよ!



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











2 Responses to “タランチュラには毒がなくペット可で味も旨い?…が最大サイズはヤバい”

  1. RAMA より:

    タランチュラに毒が少ないってのは語弊があるんじゃ無いかな?種類によっては噛まれてもただの傷が出来るだけで毒が大して効くこともない種類も居ますけどゴライアスだってそこそこな毒はありますし、人間が死ぬことはほぼほぼ無いとはいえ数件は死亡例もあったはずです。健康な人間なら話は別ですが弱っていれば危険なのです。あとは死ななくとも神経麻痺などの後遺症が残る場合もあります。タランチュラは軽々しくハンドリングをして良い生き物ではありません。ある程度の距離感をもって接するべきだと認識した方が良いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ