スマートフォン解析

コアリクイに威嚇萌え?赤ちゃんも可愛いけどペットの値段は…

アリクイという生き物。

アリクイuriiii

それほどメジャーな動物
ではないかも知れませんが
たいへん愛らしくてチャーミングなのです。

 

Sponsored Link

 

アリクイの特徴

アリクイというのは、
哺乳類でも少し特殊な種になります。

 

まず、種類によって
大きさがかなり異なりますが、
最大種のオオアリクイは

 

体長90~120cm

体重30~40kg

 

程度になります。

 

それに対して、コアリクイは

 

体長50~60cm

体重4~7kg

 

程度です。

 

アリクイという名の通り、
アリを主食として食べることが特徴で
そのために特化した体の作りをしています。

 

まず舌が非常に長く、
唾液には高い粘着力があるために
アリの巣穴に舌を出したり
引っ込めたりすることによって
大量のアリを一気に食べることができるのです。

また長細い顔も、巣穴に対して出来る限り
頭を突っ込めるように進化したのです。

 

そして爪は、たいへん鋭く長いです。

ミナミシロアリクイcute

これは

  • アリの巣をほじくる
  • 蟻塚を破壊する
  • 木に登る
  • 敵を退ける

等の役割を担っていて、
非常にリーゾナブルな活躍をしています。

 

Sponsored Link

 

威嚇が萌える?

この鋭い爪があるために、
オオアリクイのような大きな種は
下手に近づくと大怪我をしてしまいます。

もともと警戒心が強くて、
慣れてない人間が近づくと威嚇してきます。

 

しかしながら、その姿がたいへん可愛いのです。

そのため、癒しの動物の一種
として人気者になりました。

こちらはコアリクイ渾身の威嚇です。

威嚇して脅かそうとしたら
逆に好かれてしまうとは
全く皮肉なことなのですが 笑

体の模様もサロペットみたいですよね。

 

もともとアリクイ自体が
非常に可愛い外見をした動物なので、
余計に萌え要素を兼ね備えているのでしょう。

日々のいざこざで疲れたときなど、
このアリクイの威嚇を見たら
良いかも知れません。

 

こちらはミナミコアリクイの
赤ちゃんの動画ですが、
期待を裏切らない可愛さとなっています。

まだ毛が生えていないのですが、
もう顔を動かす仕草が大人と変わらないですね。

 

ちなみにこちらも癒し力抜群として話題です。

ミーアキャットの性格はペットに向いてる?飼い方や値段等は

ナマケモノの驚くべき生態―英語でも怠け者。飼い方は簡単?

 

ペットの値段等

大きなオオアリクイよりも、
サイズがコンパクトなコアリクイの方が
ペットとして人気があります。

日本でも飼うことはできます。

価格は数十万は下らないので、
リッチな買い物となってしまう
かも知れませんが・・・。

 

しかしそれ以上に、飼育環境や食べ物、
性格等の方が重要にはなってくるとは思います。

まず中南米に生息する動物なので、
室内の適温は高めです。

これは問題ないでしょう。

 

食べ物は、アリしか食べない
ということは全然ないのですが、
アリを食べる専門の体の構造
になっていることから歯がないため、
まず食料をミキサーで粉々にしなければなりません。

それを細い入れ物の入れておけば、
その中に舌を突っ込んで
アリを食べるのと同じように食べるのです。

ペットショップに売っている
食虫植物用の餌で問題ないようです。

これも特に問題はなさそうです。

 

性格に関しては、臆病なんですが
慣れるとけっこう懐きます。

しかしながら前述のように、
爪は普通に刺さるほど鋭いのでかなり危険です。

室内で放し飼いにしておいたら、
この爪が引っ掛かってそこら中に
傷が付くことはしょうがないです。

また、尿が半端でなく臭いそうで、
それも覚悟しなければならないでしょう。

換気扇がないときついかも知れません。

ミナミシロアリクイeye

ただ、この可愛く愛らしい顔ですから
それらの厄介な一面も許せてしまうところが
あるのかも知れません。

この目なんか、本当に萌えずには
いられない人もいるのではないでしょうか。

 

まあとはいえ、他にもいろいろ
難しいところは出てくるでしょうし
普通に犬や猫を飼った方が良いのではないか
とも思うのですが、それでも
萌えて萌えて虜になってしまっているのであれば、
そのピュアな想いは恐らくもう止められないですよね 笑



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ