スマートフォン解析

フクロウとミミズクの違いとは。値段高いけどペットとして飼育できる?

フクロウとミミズクという鳥類(猛禽類)は、
たいへんよく似ているために
その違いがよくわからない人も多いようです。

 

フクロウ

フクロウ夜行性des

 

実際その違いは何なのか。

そして、彼らはどんな鳥なのかをまとめました。

 

Sponsored Link

 

フクロウとミミズクの違い

この2種の鳥類について、
一番に言われることは耳があるかないかです。

 

こちらはミミズクになります。

耳があるのがお判りになると思います。

ミミズクでかい耳ズク

 

それは厳密には耳ではなく、
羽角と呼ばれる部分になるのですが、
フクロウの場合はそれがないのです。

それ以外については、基本的には
同じで違いがないと言われています。

そもそも、ミミズクの「ズク」
というのはフクロウのことなのです。

耳のある「ズク」ということで、
ミミズクなのです。

 

しかしながら、耳があっても
フクロウと呼ばれている種類もあります。

これは恐らく、
「耳があるからミミズクという名を付けなければならない」
という厳格なルールが存在しないために、
発見者か誰かがフクロウに違いないと思い
付けたのだろうと私は想像しています。

英語ではミミズクもフクロウも「OWL」
と呼ばれて2種の区別がありませんし、
当たらずとも遠からず
なのではないでしょうか 笑

 

体の大きさやその特徴等

フクロウやミミズクの体の大きさは、
当然その中の種類のよっても
変わってきますが、一般的な種だと

全長が50~60cm

翼を広げた大きさが90~110cm

体重1kg未満

程度の大きさになります。

 

最大種はワシミミズクで、

体長70cm

翼の開張180cm

体重は3~4kg

にもなります。

 

ミミズク

ミミズクカワユイね

 

フクロウとミミズクの大きな特徴として
その大きな目とクルクル回る首があります。

視力はとても良いのですが、視野が狭いので
それを補うために首が180度回転するようにできています。

彼らは夜行性であり、
昼間は基本的にじっとしています。

そして暗くなると、その大きな目と
クルクル回る首、そしてとても敏感な耳
を活用して獲物を見つけ、捉えます。

 

食性はものすごい肉食であり、
昆虫から爬虫類・同じ鳥類や、
ノウサギ・ネズミといった
小型の哺乳類を狙います。

体の大きさの割には戦闘力が高いため、
自分よりも大きな動物を獲物として
狙ったりもします。

これはやはり、空を飛び回れるというのが
一つアドバンテージとして
あるのだろうと思います。

 

さすがに、いくら最大種の
ワシミミズクであっても
人間を獲物として狙うことはないようですが。

が、繁殖期の際などに巣に近づくと攻撃され、
普通に目を潰されたり耳を引きちぎられたり
するようですから、危険はない
というわけではないです。

 

こちらは一見危険がないように見えて、
かなり危険な動物です。

アライグマの性格は飼育不可で駆除対象?でも犬の顔洗うし鳴き声も可愛い

 

Sponsored Link

 

値段高いけどペットとして飼育できる?

フクロウ・ミミズクという動物は、
実際とても愛らしくて可愛いです。

ですから飼いたいと思われる方も
いるかも知れませんが、
ハードルは決して低くないと思います。

 

彼らは、まず購入する際に数十万は掛かります。

そして飼育環境についても、必要最低限の
清潔さやスペース等を抑えなければなりません。

しかし彼らに対してトイレの躾をすることは
基本的に不可能だし、ペリットと呼ばれる、
食べた動物の消化できない部位を吐き出す行為もあります。

 

そのため室内を清潔に保つことは
かなり骨が折れ、清掃係などを雇っても
かなりの出費になるようです。

その辺りが問題なければ
飼うことはできるのですが、
飼育は決して楽ではないだろうと思いますね。

 

しかし、全国にフクロウカフェという、
カフェとフクロウの扱いがセットになった
お店があるようなので、興味がおありであれば
一度訪れてみると癒されると思いますよ。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ