スマートフォン解析

牧場でダチョウに乗ることは可能?ペット、食肉としての適性は

ダチョウという現存する最大の鳥ですが、
日本には、彼らと触れ合うことのできるダチョウ牧場があります。

また、ペットや肉としての適性
についても取り上げてみましょう。

 

Sponsored Link

 

ダチョウの身体的特徴

ダチョウという鳥は、アフリカの中部
と南部に生息しています。

オスのサイズは体高が2m以上で体重100kg以上

と鳥類最大の名にふさわしい
サイズを兼ね備えています。

ダチョウ佇むzet

 

一方で、彼らは鳥なのに
飛べないことで有名ですが、
その分他の鳥にはない武器を持っています。

それは、激しい蹴りです。

この蹴りの威力は相当なもので、
過去には人間の頭蓋骨を陥没させる事件も起こしています。

まともに喰らったらとんでもない
ことになるということです。

 

これだけの蹴りの威力を秘めた脚ですから、
その筋肉は大変たくましく
それは走ることにも活用でき、
最高時速は70kmとも言われていて、
これはサバンナではトップクラスのスピードになります。

それでも二本脚であるのにも関わらず
ここまで速く走れるのは、
やはり羽を上手く活用していることもあります。

ダチョウにとっての羽は飛ぶためようではなく、
バランスを取るため、そして速く走るためにあるのです。

 

こちらでは、ダチョウが必死で逃げていますが
地上最速の生物であるチーターですら、なかなか追いつけません。

これはダチョウのスピードを
理解するには持って来いの動画ですね。

まあ、最終的には食べられているのですが・・・ 苦笑

 

ちなみにそのチーターについてです。

チーターの性格は賢く、懐く?速さを感じるシルエットもナウい

 

牧場で乗ることは可能?

ダチョウに乗りたい、
と思う人もいるかも知れません。

しかし日本でダチョウに乗れるのは、
沖縄にあるダチョウらんど沖縄くらいです。

また、ダチョウは固定されていて、
乗った状態で記念撮影することが目的です。

ダチョウらんど沖縄ホームページ

 

日本には、他にもダチョウを
飼育している施設は多くあります。

しかしながら、後述もしていますが
ダチョウに乗るということは
若干の危険も伴うため、
大抵のダチョウ牧場はお客さんを
ダチョウに乗せたくないのです。

ただしベトナム等、海外であれば
何とか乗ることはできるようです。

もちろん、少しばかりの覚悟は
必要なのかも知れませんが 笑

 

Sponsored Link

 

ペットとして

食性は草食系ですから
基本的に臆病な性格なんですが
ただ同時に攻撃性もあるため注意が必要です。

 

また、一般的に知能は高くないと言われています。

脳の大きさも、人間がだいたい
1500gなのに対して、たったの50g程度だとか。

体の大きさもダチョウの方が大きいのに
脳は30分の1程度しかないのです。

もちろん、脳の身体比率から
のみで知能を判断することはできません。

しかしながら実際にあまり理屈で
行動しないため、たとえば崖に向かって
登っていって、怖くて降りれなくなってしまう
なんてことも普通にあるそうです。

 

ですからペットとして
いろいろ教えるとしても、
なかなか覚えてくれないですし、
もともと警戒心も強いこともあり
なかなか懐いてくれません。

たとえ懐いたように見えても
何故か突然勘違いして
攻撃してくることもあるみたいです。

特に繁殖期のときは危険で、
基本的にあまりしっかりと
触れ合えるタイプの動物ではないのではないでしょうか。

 

それでも飼うとしたら、体も大きいですし
広いスペースが必要ですから
やはり牧場のような場所である程度以上
伸び伸びと自由にさせておくのが
一番楽ですし、ダチョウにとっても
幸せなのではないでしょうか。

もしそういう広いスペースがないのであれば、
ペットにすることはやめておいた方が良いでしょうね。

ダチョウたちが餌をほうばっています。

 

肉として

それに対してダチョウの肉というのは、
食感は歯ごたえがあり、
旨味成分のアミノ酸が豊富で
かなり美味の部類に入ると言われています。

一時期BSE問題で牛が
敬遠されるようになった際、
アメリカやヨーロッパでは
その代わりとなったほどです。

また、高タンパク質で低脂肪であり、
鉄分やLカルニチンを多く含んでいて
ヘルシーで栄養価の高い肉として注目も高いようです。

最もポピュラーなのはダチョウ
最大の武器とも言えるその脚、
つまり太ももの筋肉です。

逆に卵の方は味はあまり良くないのですが、
その代わりにすごい可能性を秘めているのです。

ダチョウの卵の重さや殻が凄い!味は微妙でも抗体は革新的?

 

最後に

完結にまとめると、
ダチョウは乗り物やペットとしては微妙が、
食すのはかなりイケそうだということです。

こうなったら、ぜひ一度食べてみたいですね^^



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ