スマートフォン解析

フェレットは懐くし鳴き声も可愛いけど臭い?値段・飼育下の寿命等

フェレットという動物が、近年ペットとして
人気を拡大してきましたね。

フェレットcutean

どんな動物なのか、そして
飼い方のコツなどについてまとめました。

 

Sponsored Link

 

フェレットの特徴

フェレットはイタチ科の哺乳類で、
イタチの一種であるヨーロッパケナガイタチ・
ステップケナガイタチが
家畜化されたものなので、
「野生のフェレット」というのは存在しません。

もともとはヨーロッパで
ポピュラーだったのですが、
現在は世界に広がりました。

 

成体で35~50cm程度の大きさ、
体重は1.5~2.5kgですから
非常に小型な哺乳類です。

小型ですが肉食であるため、歯は鋭いです。

昆虫やネズミ等を捕まえて食べますし、
食性は猫とほとんど同じであると言われています。

 

懐くし鳴き声も可愛い

フェレットはとてもよく懐きます。

むしろ猫よりも懐くと言われていて、
飼い主が一緒に遊んでくれることを望みます。

しかも子猫のような好奇心旺盛さが
大人になってからもずっと続くことから、
ペットとして猫よりも適性があると考える人も多いようです。

 

ジャンプが苦手なわけではないでしょうけど、
こちらでは躊躇してしまった結果そのまま下に落下しています 笑

これも可愛いですね^^

 

顔や仕草だけでなく鳴き声も可愛いですし、
非常に癒される動物であることは確かでしょう。

 

こちらも何となくフェレットと近くて
とても可愛いと言われる動物になります。

レッサーパンダが可愛すぎる!雪で大はしゃぎ&脱走事件とは

 

でも臭い?

しかしフェレットはイタチ科なので、
屁がヘビー級に臭いのです。

それがこれまで世界において、
フェレットがペットとしてなかなか
普及しなかった一つの理由でしょう。

、近年はそのフェレットの
臭さの元凶を取り除くために
去勢したり避妊することが主流となっていて、
それによって臭さに加え
情期による気性の悪化を
回避することができています。

すると、フェレットをペットとして飼う際の
欠点が消え良い部分が残りますから、
段々と人気を上げてきたのです。

 

Sponsored Link

 

値段・飼育下の寿命等

フェレットは、一応安いところであれば
2万円程度からで手に入るようです。

しかしこれから飼っていくに当たって、
あまり値段ばかり重視し過ぎるのはお勧めできません。

安いところだと、去勢・避妊が
されていなかったりしますからね。

ただそれ以上に値段の差を
生み出しているのは
色やファーム(生まれ)なので、
去勢・避妊等の重要な部分だけ
しっかり抑えられているならば、
そこまで神経質になる必要もないとは思いますが。

 

また、飼育についても
それほど難しいことはないです。

飼育器具を揃えるのも、
大きなお金は掛かりませんし。

小さいですから、場所も取りませんし。

懐きますから躾けることもできますし、
ペットとしての適正で
犬や猫と肩を並べることができる
数少ない動物である、ということは言えるでしょう。

フェレットの飼育に関しては、
こちらのサイトが参考になりそうです。

FERRET WORLD

 

が、実はフェレットは、
あまり寿命が長くありません。

ハムスターのような小型で常に
よく動いている動物というのは
得てしてそうなのですが、
フェレットについても10年生きることは稀で、
大抵6~9年くらいの寿命になるそうです。

これは、フェレットを飼う上で
一つのネックと言って良いかも知れません。

それと、暑さには非常に弱いため、
室内を30度以上にはしてはいけないのでそこは注意が必要です。

 

概して言えば、
ペットには非常に向いていますから、
「犬猫はありきたりだから面白くない」
と考えている人、もしくは
フェレットに魅力を感じてしょうがない
という人にとっては最適なのではないでしょうか。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ