スマートフォン解析

チンパンジーの真実:残酷な肉食・共食いで赤ちゃんにも手を染める

チンパンジーという
動物に対して可愛い、
人間と似ていて愛着が持てる、
と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そんな平和主義な方々には
少し酷な情報となってしまうかも知れませんが、
ここでは彼らの真実となるダークサイドをお届けしています。

※若干残酷な動画を紹介していますので、
苦手な方は閲覧されないことをお勧めします。

チンパンジーが猛獣指定されていて
大変危険な動物であるということは、
こちらの記事でお話しています。

チンパンジーは人間に近い―寿命長く知能も高いが超握力で凶暴?

 

Sponsored Link

 

残酷な肉食

チンパンジーは、ただその性質が
超凶暴なだけではありません。

とても残酷な肉食であるとも言われてます。

 

・・・もしかしたら、こう思われたかも知れません。

肉食なんてそもそも残酷なものじゃないか、と。

 

がチンパンジーの場合、そこに敢えて
「残酷」という形容詞を付け足す必要があるのです。

その理由は、彼らがただ純粋に
獲物を捉えて食べる以上の行為をするからです。

チンパンジーキック強

 

たとえば、

小動物を捕まえて、生かした状態で集団で
いたぶってから止めを刺し、結局食べない

というケースも多々あります。

このような行動の理由は、
まだはっきりと解明されていませんが、
これではただのいじめですよね。

 

共食いで赤ちゃんにも手を染める

チンパンジーの凶暴性は
その程度に留まりません。

なんと、自分たちと同じチンパンジーの仲間
に対してもごく当たり前に危害を加えるのです。

普通に、共食いをするのです。

これは、決して「同じ猿の仲間を捕食する」
ということだけではなく、実際に
自分と完全に同種であるチンパンジーを捕食するのです。

 

こちらはかなりエグいのですが、
他の群れの赤ちゃんチンパンが捕食されています。

赤ちゃんチンパンジーを捕食

しかも、それを群れの仲間に
分け与えているのですね・・・。

 

そもそもチンパンジーは
群れ同士の縄張り争いが激しいので、
違う群れに所属する個体に対しては
命を取り合うほど激しい争いをするのです。

しかし敗れた群れのチンパンジーは
その場から逃げていくので、
それに逃げ遅れた子供パンジーが
犠牲になる場合が多いのです。

つまり他所の群れの個体は、
普通に獲物であり、あるいは
始末するべき敵と認識しているのです。

 

チンパンジーの赤ちゃんは
こんなに可愛いのですが、もちろん
そんなこと彼らには全く関係ないでしょうけどw

 

ですから人間の赤ちゃんなんて、
完全に手頃な獲物でしょうね。

こちらは観方によっては癒される動画ですが 笑

 

しかし正直なところ、人間でも
これに近いことをしている民族はいます。

さらに過去を遡れば、彼ら以上に愚かなこともしていますし。

チンパンジーと人間の本質というのは
実はかなり近いのではないか

と感じさせられるところもありますね。

 

ちなみに、意外と知られてませんがこいつの可愛さはかなりお勧めです

コアリクイに威嚇萌え?赤ちゃんも可愛いけどペットの値段は…

 

Sponsored Link

 

が、チンパンジーの場合は同じ群れの子供を
食べてしまうケースもあるので、
現在の科学ではまだその理由を解明できていないようです。

そして他にも、同じ種の他の個体の
命を奪う動物は多くいますが、
食べる行為にまで至る動物は他にいないのです。

でもこの辺もやはり、人間と繋げて考えて、
「ストレスが溜まって、ついつい残酷なこと
(いじめのような)がしたくなってしまう」
としたら一応筋が通りそうな気はしますが・・・・

 

DVをする

なおチンパンジーは、
オスがメスに対して暴力行為をする、つまり
DVまがいの習性があることも認められています。

同じ群れのメスであっても、関係ありません。

これは人間のDVと何か関係性があるのか、
ということもそうなのですが、皮肉にも
チンパンジーの場合だと、DVオスの方が
モテるのではないかという疑惑があるのです。

 

ここはまだ疑惑止まりですが、
これを人間に当て嵌めてみると、
何となくあり得なくはないような
気がするのは私だけでしょうか(^_^;)



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ