スマートフォン解析

マンボウは卵の数凄いが稚魚も成体も超ひ弱?寄生虫大量で刺身は危険か

大型魚類のマンボウが、
ある意味で話題を呼んでいます。

マンボウ可愛いjak

大変愛嬌のある顔、体型をしているので
その時点で水族館でも注目を
浴び易い存在ではあるのですが、
このマンボウという魚には数々の特徴があるのです。

 

Sponsored Link

 

マンボウの特徴

マンボウはフグ目マンボウ科に
属す魚類であり、つまりフグの仲間とも言えます。

しかしながら、フグと違い毒は持っていません。

マンボウは平均でも

 

全長3m前後

体重2トン前後

 

にもなる超大型の魚類です。

世界中の熱帯・温帯の海に生息していて、
かなり深海まで潜ったりもするようです。

 

卵の数凄い

マンボウは世界で最も多くの卵を産む
脊椎動物として知られています。

何とその数、3億個

気の遠くなるような数ですよね。

しかしながらそのほとんどは、
孵化する前、もしくは生まれてすぐに
他の魚などに食べられてしまい、
無事大人にまで成長する個体はほとんどいないのです。

ですが結局のところ、人間に例えれば
精子が卵子に辿り着く確率並に
可能性が低いからこそバランスが取れているのです 笑

10000分の1でも3万個ですから、
3万のマンボウが大人になって
生き永らえていたらその時点で
生態系は滅茶苦茶になってしまうでしょうからね。

 

こちらでは、そのマンボウの
子供たちが日光浴をしています。

こちらはすでに比較的大きくなった個体ですね。

(動画の真ん中辺り)

 

ただ稚魚でも子供でも大人でも
外敵にやられる、つまりマンボウ自身が
大変虚弱体質なことで知られています。

:こちらは逆に卵を一個だけ産み、その子を
夫婦で大切に育てるということでまさに対照的です。

皇帝ペンギンや王様ペンギンのヒナが可愛い!会える水族館は

 

稚魚も成体も超ひ弱?

ネット上では、マンボウの
そのひ弱さについて数々の伝説が語られています。

彼らは以下の理由で、
命を落としてしまうというのです。

・小魚の骨が喉に詰まって
・寄生虫を殺すためにジャンプ→水面に激突して
・ほぼ直進でしか泳げず
・海底に潜水して、寒さのあまり
・朝の太陽光を浴びると強過ぎて
・近くに居た仲間が死亡したショックで
・水中の泡が目に入ったストレスで死ぬ
・皮膚が弱すぎて触っただけで痕が付き、その傷が原因で

これが本当だとしたら、
こんな華奢で繊細な生物は他にいないでしょう。

 

しかしながら、彼らが比較的繊細な
魚であるのは確かですが、
言うほど致命的なひ弱さではありません。

実は上記の内容は大体がガセであり、事実としては

  • 消化する力が弱いから小骨が消化できず体内に刺さって絶命する可能性がある
  • 皮膚が弱く人が触れるだけでも跡が付くため、ちょっとぶつかった程度で傷になる。そしてマンボウの皮膚には寄生虫が大量に付いていることもあり感染症に掛り易く、絶命する恐れがある

といったところです。

マンボウは顔がけっこう厚かましく
体も太いですしむしろタフそうなので、
その意外性がネット住民のツボにハマってるのでしょう。

 

が、それでも成体も、
超とは言わないまでも
ひ弱なことはひ弱ですから、
きっと些細なことで命を落とし易いだろうと思います。

飼育下での寿命も、
10年持たないくらいですから。

 

 

Sponsored Link

 

寄生虫大量で刺身は危険か

マンボウには、皮膚・そして
体内に大量の寄生虫を宿しています。

これは彼らの皮膚の弱さに加えて、
泳ぐスピードの遅さにも関係があります。

 

マンボウの泳ぐスピードは
時速2kmとも言われていて、
ほとんど動いていないような状態です。

必要に応じて速く動くことはできるのですが、
ほとんどの場合はのんびり
プカプカと泳いでいるのです。

 

マンボウは寄生虫が付いてしまうということで
これらを落とすために様々な努力をします。

水に浮かんで日光浴をし、
太陽の直射日光を利用したり、

他の魚に食べてもらったりです。

こちらの動画でも、
その辺りを取り上げています。

 

で、刺身は危険かどうかなのですが、
結論から言えば決してそんなことはありません。

というか、そもそも魚というのは
基本的に寄生虫が付いているものです。

これを言うと魚が食べられなく
なってしまう人もいるかも知れませんが
現実なので敢えて伝えておきます 笑

そして更なる現実を知る勇気のある方は、
以下の記事もご参照ください 笑

アニサキス症の症状とは。予防には加熱・冷凍等で、すぐイカれる

 

いずれにしても食される若い個体の肉には、
基本的に付いていないそうですが。

マンボウは、日本でも食されている地域は多いです。

しかしながら鮮度が落ちると
臭みが出ることもあってか、
内陸地ではあまりポピュラーではありませんね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ