スマートフォン解析

オランウータンの赤ちゃん画像等。知能高いし寿命長いから人権ある?

オランウータンという、様々な意味で
非常に人間っぽい、そしておっさんっぽい動物。

オランウータンitem

「森の住人」と呼ばれる彼らには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

オランウータンの特徴

オランウータンはチンパンジーと並んで、
もっとも人に近い動物と言われています。

体の大きさは

体長

オス80~100cm メス60~80cm

体重

オス60-90kg メス40~50kg

程度

ですから、これもまた人間と
ほぼ同じと考えて良さそうですね。

生息域はインドネシア周辺の熱帯雨林ですが、
開発が進んだこと、または乱獲によって
個体数はかなり減ってしまっています。

完全に樹上で生活する動物であり、
そのための身体的構造をしているので
森がなくなることは死活問題なんですね。

まあ乱獲は論外ですが 笑

こちらは野生のオランウータンです。

樹上で生活するからこそ、
地上に生きる強力な外敵
(ヒョウやトラ等)から
逃れることができるわけなのですが、皮肉な話です。

 

ですから、結果的に最大の天敵は
人間となっているのです。

食性は雑食性であり、植物から昆虫
小型の鳥類・哺乳類まで幅広いです。

ただし、チンパンジーよりも
ベジタリアンであり、
鳥類・哺乳類は基本的に
食べることはないようです。

 

性格は、臆病で神経質なゴリラ、
そして凶暴で攻撃的なチンパンジー
の中間のようなところがあり、
両者と比べると一番冷静で、
思慮深さがあるように
感じさせられるところがあります。

 

赤ちゃんは可愛い?

オランウータンの赤ちゃんが、
可愛いと言う人がいます。

しかしながら、それに対して
疑問を投げ掛ける人もいます。

その理由は、こちらの動画を
見ていただくと何となくわかるかも知れません。

確かに、仕草とかいろいろはかなり
人間の赤ちゃんっぽいところもあって
可愛いのですが、その顔を含めた容姿は、
可愛いと言えば可愛いけど、
可愛くないと言えば可愛くないのではないでしょうか。

 

オランウータンbaby

ちょっと言い方が悪いですが、
決して美形ではありませんからね 笑

 

知能が高い

オランウータンは人間に
最も近い動物の一種なので
当然知能が非常に高く、
森の賢者とも呼ばれています。

まず、鏡に映ってる自分を認識できる
という鏡像認知の能力があります。

これは犬にもできないことで、
実際この能力がある動物はほとんどいません。

 

基本的にチンパンジーができることは
ほとんどできるともされていて、
知能的にはほぼ互角なようです。

 

こんな道具も使えています。

ただし、脳の大きさについては
人間が体重の2%程度が平均なのに対して
オランウータンは0.6%と、3分の1以下です。

その差が、人間のように文明を築けるか
そうでないかの違いを生み出しているのでしょうか。

:そのチンパンジーの恐るべき真実とは・・・

チンパンジーの真実:残酷な肉食・共食いで赤ちゃんにも手を染める

 

寿命は長い?

野生個体の寿命は30年程度とありますが、
実際のところ50年とも言われていて
はっきりわかっていないようです。

しかし昔の人間の寿命と比較すると
大体同じくらいと考えて良さそうです。

事実、飼育下では50年生きることも普通にあるんだとか。

 

Sponsored Link

 

人権ある?

だから、というのかどうかわかりませんが
オランウータンに人権を与える国があるのです。

アルゼンチンの裁判所で、
動物愛護団体がオランウータンの人権を主張し
飼育個体の解放を求める訴訟を起こしました。

なんと、それが勝訴してしまったのです。

裁判を起こした動物愛護団体「AFADA」は、「ブエノスアイレスの動物園にいるオランウータン女性29歳のサンドラさんは不当に監禁されており、うつ病の兆候も見られる」と訴え、解放して森で仲間と一緒に暮らせるようにするべきだと主張 出典:j-cast.com記事

要するに、動物園は人間に
置き換えると監獄だと言ってるわけですね。

まあ扱いから考えるとそんなことはない
と思うのですが、うつ病の兆候がある
ということはストレスを抱えているとは言えるでしょうか。

 

しかし「オランウータン女性」
とか言ってますし、完全に人扱いですよね。

もちろん、こんなことは例外中の例外で
他の国ではありません。

他の国の動物愛護団体もチンパンジーや
ゴリラの人権を訴えていますが、一向に通りません。

ただ、通る可能性があるとしたら、
その辺りの最も人間と近い種類の生物になってくるのでしょう。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ