スマートフォン解析

マムシに噛まれた時の対策・血清は二回目以上が危険?天敵は

マムシという、
私たち日本人にとって馴染み深いヘビ。

が、その猛毒性のため、人によっては
存在が脅威となっているかも知れません。

彼らは実際のところ、
一体どのような存在なのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

マムシの特徴

マムシは日本列島において、
沖縄などの南西諸島を除く
全ての地区に生息しています。

マムシ恐怖の猛毒

それも生活環境も幅広く、
水辺に草むら、山地や森林、畑等。

人によってはほぼマムシと
共に暮らしてる状態の人もいるのです。

 

体の大きさは、

体長 45~80cm

体重 100g前後

ですからサイズとしては大変小さく、
体重はドブネズミよりも軽いです。

マムシグルグル状態

 

ですが、そのサイズの小ささが故に、
存在に気付き辛いところがあります。

しかも、彼らは天敵から
逃れるための術として
体の色を環境と紛らわせる
という進化をしています。

そのため枯葉や土地と紛れてしまって
余計に気付きにくかったりするのです。

 

食性は肉食であり、小型哺乳類、爬虫類、
両生類等を食べて生きています。

 

マムシの猛毒

彼らが備えている猛毒。

これが人々に恐れられている
原因となっていますね。

猛毒がなければ危害はありませんから、
別に見つかり難かろうが
そんなことはどうでも良いのです。

 

その毒の強さは、なんとハブの2~3倍。

体のサイズと毒の性質の違いにより
致死率はハブと比べて劣るのですが、
年間約3,000人ほど被害を受けて、
5~10名もの犠牲者を出しています。

 

当然ながら、ハブよりマムシの方が
圧倒的に数が多いので、
犠牲者の数も多いのです。

これはスズメバチに次いで、
野生動物による被害としては
日本で二番目の数字であると言えます。

その恐るべしな生物・スズメバチはこちら

スズメバチの生態―女王は立派でオスはヒモ?巣は冬にどうなる

 

マムシの性格

しかしマムシは、もともと
攻撃的な性格ではありません。

噛まれる際は、攻撃したいと
思ってしているのではなく、
逆に命の危険を感じて
とっさに反応しているのです。

つまり、噛み付きたいと
思っているわけではない。

 

人間が彼らの存在に気付き
尊重し、ちゃんと距離を取れば大丈夫なのです。

対してハブは完全に凶暴なので、
近付いたら積極的に噛み付いてきますが。
(さすがに追い掛けてはきません)

参考>>ハブとマングースは戦いたくない?沖縄のショーは残酷

 

ところが、彼らのそのカモフラージュ柄
のせいで気付かずに踏みつけたりして、
ビックリしてとっさに噛み付くのです。

皮肉な話ですが・・・・

 

こちらの動画でも、
マムシはちょっかいを出されて
止む終えず攻撃を仕掛けています。

 

Sponsored Link

 

噛まれた際の対策・血清は二回目以上が危険?

マムシに噛まれた際に、多くの場合は
血清という成分を注入します。

これは毒に対抗するための抗体であり、
つまり外部で精製した抗体を
噛まれた人に注入するわけです。

 

しかしながら、血清は
二度目打つのは危険と言われています。

これは、アナフィラキシーショックが理由です。

 

アナフィラキシーショックとは、
私たちの免疫細胞が
過剰反応することにより、
本来であれば危険を免れるための
体の仕組みがあだとなってしまう症状です。

免疫細胞とは、病原菌や毒などに
対抗するための細胞で、
生物が大なり小なり兼ね備えているものです。
(またその免疫の対象はそれぞれで、この世には無数に存在します)

つまり、これがマイナスに
作用することがあるということです。

 

例えば、スズメバチに刺されたときなど、
一回目で体内に免疫細胞が作られて、
二回目に刺されるとその免疫細胞が
発動するのですが、逆にそれが理由で
命を落としてしまう人たちがいるのです。

同じことが、血清にも言えるのです。

 

血清はもともと体内に
存在していた成分ではありません。

そこで人体は、この血清の成分に対して
「これはヤバい奴だな」
と判断し、免疫細胞を作り、
それがアナフィラキシーショックに繋がってしまうのです。

 

しかしながら、マムシの猛毒というのは
血清なしでは尚危険であるために、
血清を注入するのは正しい判断でしょう。

少なくとも一回目は大丈夫なわけですから、
二回目以降はどうするか
が人それぞれの判断になってくると思います。

まあ二回もマムシに噛まれたくないですがw

ただし、逆に言えば二回目も乗り切れば、
その後は何回噛まれても大丈夫ということです。

 

マムシの天敵

マムシには猛毒があるので、
それが捕食者にとって驚異となるのは事実です。

しかしマムシの毒は野生動物には
基本的に致死に値しないので、
「最悪噛まれてもしょうがない」
くらいの覚悟で襲ってくることも多いのです。

 

天敵として挙げられるのは、
タヌキ、キツネ、イタチ、マングース科
また猛禽類等。

積極的には襲いませんが
腹が減ってるときなどは、
普通にマムシを獲物として捉えます。

強いて言えば、猛禽類の中でも
蛇を主食とする種が
最大の天敵と言えるのではないでしょうか。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











2 Responses to “マムシに噛まれた時の対策・血清は二回目以上が危険?天敵は”

  1. 天敵は他にもいます。シマヘビやアオダイショウなど蛇を食べる蛇です。シマヘビやアオダイショウの多い場所では、マムシやヤマカガシが少ないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ