スマートフォン解析

オオサンショウウオは獰猛で危険?でも料理して食べると旨いらしい

サンショウウオの中でも、
最大級の大きさを誇るオオサンショウウオ

彼らの生態等の性格など特徴や、
味についてのまとめです。

 

Sponsored Link

 

オオサンショウウオの特徴

サンショウウオはサンショウウオ目に属する
両生類であり、その種類は多様で、
世界の大抵の地域に生息しています。

その中の一種であるオオサンショウウオは
国の特別天然記念物に指定されていて、

日本にのみ生息しています。

 

ただし中国には中国版の
オオサンショウウオである
チュウゴクオオサンショウウオが
生息しているため、厳密には
日本のみとは言えないのですが。
(ただし、性質的には少し違います)

なんと、3000年万年も前から生息している、
数少ない脊椎動物です。

オオサンショウウオold

 

大抵は標高400~600mくらいの
高地の川の上流に住んでいますが、
中流や下流に降りてきていることも
しばしばあります。

陸を中心に活動するカエルとは違い、
常に水の中で生涯を過ごします。

ですから、わざわざ成長して
肺呼吸になった意味をあまり感じません。

そして水の中のカエルや、魚や、
ザリガニなどを食べる完全肉食動物です。

 

【オオサンショウウオに雰囲気的に近い動物】

イモリ・ヤモリを飼育したい エサや冬眠・病気の対応は?

 

サイズ

体の大きさは
全長50~70cm程度が一般的で、
体重は10kg近く

オオサンショウウオヌメエ

出典:真実を探すブログ

 

これは、両生類の中でも最大級のサイズです。

しかしこれまで発見された中での最大個体は
全長160cm以上、体重40kg以上にも達したそうです。

こちらの個体は、180cmと言われていますが
チュウゴクオオサンショウウオです。

チュウゴクオオサンショウウオbig

中国版オオサンショウウオは、
日本版よりもサイズが大きいのです。

確かに、滅茶苦茶デカいですから
そのくらいあっても不思議ではない気がしますね。

体重も、50kg以上あるのではないでしょうか。

 

寿命が長い

オオサンショウウオの特徴の一つとして、
その寿命の長さが挙げられることが多いです。

彼らは非常に長生きであり、
飼育下では寿命が50年以上に
達することもあるそうです。

これだけ長生きする動物は、霊長類以外では
かなり珍しいと言って良いと思います。

 

Sponsored Link

 

性格は獰猛で危険?

オオサンショウウオの性格について、
獰猛であり、危険であると
言われていたりします。

実際のところ、確かに
獰猛な一面も持っているのですが、
それほど危険はないと考えて良いと思います。

 

肉食ですから獲物とみなしたら
迷わず攻撃を仕掛けますが、
捕食対象でない相手に対しては
基本的に大人しいです。

危険を感じたときのみ全力で噛み付いて抵抗してきます。

 

ただ、彼らには鋭い歯がないです。

一応小さなギザギザはあるので
安全ではないのですが、
そもそも近所で発見される個体は
ほぼ1mに満たないので、
大きな心配をする必要はないと思います。

 

しかし、これは獲物を逃さないことを
主目的とする歯であるため、
顎の力も強く噛まれた際は
なかなか離れませんし、指などを噛まれると
持っていかれる可能性はあるとのこと。

変にちょっかいを出して指を噛まれたり
することのないようにしたいところですね。

 

こちらは、何故か苦手な陸地を
歩いているオオサンショウウオです。

早く水に戻らないと、
明らかに干からびてしまいますよね。

 

でも料理して食べると美味い

サンショウウオのヌメっとした感じとか、
何となくあまり美味しそうに
感じられない人も多いかも知れません。

しかし、実は逆に非常に美味であるとのこと。

 

ただ残念なことに、
特別天然記念物を食べることは
法的に許されておらず、
御用となってしまいます。

過去に北大路魯山人という著名人が
その味をこう表現していました。

・さばいた際に強い山椒の香りが家中に立ち込めた

・最初は堅かったが、数時間煮続けると柔らかくなり、香りも抜けて非常に美味であった

 

また魯山人氏はサンショウウオが
料理の際に醸し出す山椒の香りが、
山椒魚の語源になったと推測していたようです。

これはただ美味いという味ではなく、
かなり奥深い味を出してそうですね。

 

確かに、現在では日本で
オオサンショウウオを食べることは
できませんが、中国であれば、
店によっては合法的にメニューとして
置いているところがあって、
そこに行けば食べられるようです。

中国でもオオサンショウウオを
食べることは違法ですが、
食用の養殖で増やした個体に関しては
合法となっているのです。

その店はもちろん、中国にありますが。

※オオサンショウウオ料理を食べた
その実体験をブログで詳しく
まとめている方がいたので、紹介しておきます。

オオサンショウウオ料理特集

 

中国版も日本版もオオサンショウウオには
違いないので、どちらも大体同じような
味がすると考えて良いと思います。

機会があれば、一度食してみたいところですね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ