スマートフォン解析

グリーンイグアナは飼い方次第で懐く?凄い大きさだし寿命長いから覚悟は必要

イグアナという動物は、
爬虫類であるにも関わらず
どこか愛らしく、ペットとしても人気があります。

そのイグアナの中でも日本で
最も馴染み深い種である、
グリーンイグアナについての
特徴や飼う上での注意事項などをまとめました。

 

Sponsored Link

 

グリーンイグアナの特徴

グリーンイグアナは、野生では
主に中米から南米に掛けて生息しています。

グリーンイグアナ可愛い画像

 

熱帯雨林を活動の場とし、
大きな体であるのですが樹の上にいることが多いです。

主に、下に水場があるところ。

それは泳ぎが上手なので、
危険が迫ったらいつでも
飛び込むことができるからです。

 

グリーンイグアナは数ある
イグアナ種の中でも最大種で、

体のサイズは

体長は150~180cm
体重は30~40kg

程度になります。

大きいものになれば
2mを超えてくるので、
その場合は体重も50kg近くになってしまいます。

 

食性は爬虫類としては珍しく、
ほぼ完全に植物食です。

こちらはグリーンイグアナの
生涯ドキュメンタリーです。

 

グリーンイグアナの飼育

グリーンイグアナは、爬虫類なのに草食で、
のんびりしていて、しかも大型であるという
ことで、それがマニアのみならず
ペットとしての魅力に繋がっているところは
あるのではないでしょうか。

 

また、意外と値段が安かったりするのです。

子供の個体は、ペットショップにも
依りますが大体5000円くらいで買えてしまうようです。

 

それもあって、けっこう
流行った時期もあったのですが
実際のところは一般人が飼うことは
余程でない限りお勧めされません。

購入費こそそれほど値は張りませんが、
そこから掛かる費用と手間、
そして苦労を考えると、
ただ安いからという理由で購入した人は
間違いなく最終的に手放すことになるのです。

 

その結果、日本の生態系に影響を
与えてしまっていることが懸念されています。

ペットを購入したからには、
責任を持って最後まで
育てることが当然ですから、
そういう無責任なことをしてはいけませんよね。

飼う前にもっとしっかり考えるべきです。

それはたとえ引き取ってくれるところが
あったとしても、です。

イグアナの
生涯を振り回すことになりますからね。

 

Sponsored Link

 

飼い方次第で懐く?

イグアナは、爬虫類としては
知能が高いと言われています。

彼らは人間を個々に認識し、判断します。

つまり、気を許せる相手なのか
そうでないのか、を考えるのです。

ですから、飼い方次第では
警戒心を解いてくれ、
懐く(慣れる)ということです。

こちらの動画なんか見てると、
確かに慣れたらかなり
魅力がありそうだとは思いますが・・・・

でも友人の部屋にこんなのが
いたらむちゃくちゃ怖いですよね。

実際ここではのんびりしていますが、
本気で走ったら超足速いのです。

しかしながら、だからと言って
それは決して簡単なことではありません。

あまり一般的でなく比較的
飼い易いペットなら、
まだこちらの方がお勧めです 笑

タランチュラには毒がなくペット可で味も旨い?…が最大サイズはヤバい

 

大きな問題点

まず、設備環境を整えるのに
費用が掛かることがありますね。

前述のように大人になると
ばかでかくなります。

 

またいくら草食とはいえ、
攻撃の術は持ち合わせています。

噛み付きや爪引っ掻き、尻尾叩きなど。

天敵を退けるための攻撃ですから、
当然ある程度以上の威力はあります。

 

例えば尻尾叩きなどは、
割れにくいガラスでなければ
簡単に割ってしまいます。

実際に人間が襲われて
大怪我を負った事故もあります。

特に繁殖期になったらいくら懐いていても
気性が荒くなって暴れ出す可能性があり、
その場合はサイズがサイズのため
手が付けられない状態になるかも知れません。

特に懐いていなかったら
言うまでもなく大変です。

 

そして寿命も長く、飼育下では
20年以上生きることもあるそうです。

ですから、人生の大部分をイグアナと
共に過ごすことになるかも知れません。

 

飼い方詳細

グリーンイグアナの
飼い方の詳細については、
こちらのサイトでまとめられています。

トカゲの飼育.net

 

これを見て、まだ自分が飼いたいと
覚悟が決まっているのであれば
飼われてみたら良いと思います。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ