スマートフォン解析

水牛のモッツァレラチーズは旨いけど宮崎の口蹄疫問題で被害?

モッツァレラチーズというチーズが、
大変旨いそうです。

このチーズは、主に水牛からの乳から取れます。

水牛オッサンlike

というのもそうなのですが、
水牛のが一番美味しいのです。

しかしとある事件以降、
モッツァレラチーズの
一時期の勢いが萎んでしまった感はあります。

 

Sponsored Link

 

モッツァレラチーズの精製法

モッツァレラチーズは、
実際水牛から取れる乳で精製するのが
一番美味しく価値が高いと言われていますが
普通に乳牛の乳からでも作れます。

モッツァレラチーズは、
「パスタフィラータ」
というイタリア南部独特の方法で精製されます。

乳をカードの状態にし、
湯を注いで練っていくと
だんだん餅のようになってきます。

それを引きちぎって分けていく。

 

それだけです。

ですから、自宅でも簡単にできます。

カード(凝乳)とは、
乳が固まったものであり、チーズの大元です。

ちなみにホエー(乳清)とは、
そのカードをこねたりしているときに
出てくる水分のこと。

 

もしご自家製で作ってみたいと思われたなら、
こちらのブログなどは、参考にされると
良いのではないでしょうか。

アウベルクラフト

 

Sponsored Link

 

宮崎の口蹄疫問題

しかしながら、近年はその水牛が
印象を落としてしまう事件がありました。

それは、2010年に宮崎で発生した口蹄疫問題です。

口蹄疫とは、主に
蹄が2つ以上に割れている動物たち
(豚、牛、羊、鹿、猪、カモシカ等)
が感染する伝染病です。

非常に感染力が強く、
空気感染すらしてしまいます。

 

そのため、家畜のように
一箇所に集中して飼われていたら
全ての個体に感染ってしまう可能性があります。

そうなるとそこから、一気に
広がってしまうこともあり得るということです。

 

この事件によって、水牛のみならず
様々な偶蹄目の動物を
大量に処分しなければ
ならなくなってしまいました。

その動物たちの被害頭数は約30万頭
経済的被害額は約1000億円と言われています。

ここまで被害が拡大してしまったのは、
主要農家と政治的・あるいは
宗教的な絡みがあったことで
当時主権を握っていた
民主党の対応が遅れたからだ
と言われていましたが・・・

本当だとしたら、もう第一党には
なって欲しくないですよね。
(自民党もそんなに
変わらないかも知れませんが 笑)

 

ちなみに、こちらは可愛いのですが
むしろ積極的に駆除した方が
私たちの生活が良くなるであろう動物です。

アライグマの性格は飼育不可で駆除対象?でも犬の顔洗うし鳴き声も可愛い

 

話が逸れましたが。

これは、大きなニュースに
なりましたから記憶に新しいと思います。

ここで事件の元凶、つまり
感染源となったのが、とある牧場で
(モッツァレラ)チーズ精製のために
輸入した水牛ではないか、
という疑いが掛けられたのです。

最終的には根拠と呼べるほど
確かなものではなかったため
その疑いはあくまで仮説でであるとして、
疑い止まりとなりました。

 

しかしとにもかくにも、水牛を
を家畜として扱っている人たちにとっては
これが大きな被害となったのです。

口蹄疫を疑われて目立った時点で、
もう水牛に対しての印象が
損なわれてしまいます。

 

ただ、その次の年に
東日本大震災が起こったことで、
口蹄疫問題が世間から
ほぼ忘れ去られたところがあります。

もちろん幸いにも、
とは言えるはずもないのですが。

 

しかしもともと水牛は
飼育が難しいらしいですし、
肉としての価値は乳牛の方が上です。

ですから、飼育している農家は少ないですし
これからもあまり出て来ないかも知れませんが、
だからこそ国産水牛がブランドになる
可能性がある気がします。

国産水牛ののモッツァレラチーズが、
もしかしたらブレークする日が
来るのかも知れない。

と、個人的には思っています。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ