スマートフォン解析

エイ(マンタ)は顔が笑顔でも毒あるし時に激怒する?食べ方等

エイという、動物でも人気の魚がいます。

魚なんですが、ちょっと
そのフォルムが魚らしくなく、
そしてとある特徴を
持っているからなのですが。

実は両面性も、あったりします。

 

Sponsored Link

 

エイの特徴

エイというのは、
ヒレ裂が下に開く魚の総称です。

マンタの可愛い画像

ヒレ裂というのは、
ヒレの裂け目のことなのですが
例えばサメは、ヒレ烈が
横に開く魚の総称になります。

つまり、生物学的分類上サメとの分け方は
ヒレ烈が横なのか下なのか
の違いだけということになります。

《伝説の巨大サメについてはこちら》

メガロドンは実在した怪物鮫だが大きさは―目撃情報アリで生存の可能性?

 

世界で530種も存在していて、
様々な生態の種があり、
暖海域から極寒域まで生息しています。

エイの特徴的なフォルムとして、
ヘラペったい体に翼のような胸びれ、
そして突き刺さりそうな細長い尻尾があります。

 

これだけの種がいますから
その大きさもそれぞれですが、
最大種であるオニイトマキエイは

平均全長3~5m
体重1トンにもなって
魚類でも最大のサイズとなっています。

 

オニイトマキエイはマンタとも呼ばれています。

魚なのに好奇心が旺盛で
人に懐くこともあり、
ダイバーたちの間では
大変人気のある魚なようです。

全体重に対しての脳の容量が
大きいこともあって、とても知能の高い魚でもあります。

 

しかものんびりした性格で、
ゆっくり泳いでいて、
プランクトンを主食としていて、
危険もほとんどないのです。
(エイは大概大人しいのですが)

そのためコバンザメやブリモドキのような
体の小さい魚がマンタに添って泳ぎ、
天敵から逃れる術として利用しているのです。

 

その代わり恩返しとして、
彼らはマンタの寄生虫を取って
あげたりしているのです。

と同時にそれを自分達の
栄養にしているという、
何とも要領の良い生き方を
している魚たちです。

ちなみに権力のある人物に
寄りすがって大きな顔を
してる人たちのことを
コバンザメと言いますが、
ここから来ているのです。

 

ちょっと逸れましたが、エイの寿命は20年程度とみられています。

 

こちらで、マンタの優雅な泳ぎを
ご堪能ください。

 

顔が笑顔で可愛い

エイのもう一つの大きな特徴として、
その笑っているかのような顔があります。

ニコちゃんマークのような感じで、
非常に可愛いのです。

エイキャワイイ画像

これはかなりきゅんきゅん系の可愛さですね。

しかしながらその目に見える部分は
鼻の穴であり、目は上についています 笑

 

Sponsored Link

 

毒持ってる?

エイに毒があることは
確かなのですが、その種は限られています。

代表的なのはアカエイであり、
背中から尻尾に掛けて針が生えていて
それが毒針となっています。

アカエイbosse
出典:アカエイweblio

 

しかもかなり強力な毒なので、
人によっては命を落とす場合もあるそうです。

だからエイ=毒を持った危険な魚
というイメージが一般的に
あるかも知れませんね。

逆にマンタには毒はなく、安全です。
ですからただただ、笑顔で可愛いのみです。

 

時に激怒する?

しかしそんな基本的に優しいエイでも、
ときには激怒することがあります。

それは、干物にされたときです。

 

干物にされると、さすがの温和なエイも
良い加減プッツンするのです。

怒り過ぎて、恐ろしい顔に
なってしまっています。

エイterrer

これは怒っているというよりはむしろ、
途方にくれて絶望しているようにも
見えますが。

 

いずれにしても、夜な夜な見掛けたら
心臓に悪いことは間違いありません。

あの笑顔は一体どこへ
行ってしまったのでしょうか。

エイのエイリアン参上

これなんて完全にエイリアンですね。

 

食べ方

そんなエイさんですが、
普通に食べると美味しいそうです。

ヒレの軟骨部分の干したものは
「かすべ」といって、秋田県や山形県、
北海道の一部地域では郷土料理
とされているとか。

まさしく、上記の画像のような状態
になっていることでしょう。

 

一方マンタもやはり
私たちのお口にフレンドリー
であるらしいです。

以下はマンタのユッケ丼ですが、
マグロを柔らかくしたような味だとか。

それって、相当ウマいってことですよねw

こちらの方が、体験談を語っています。

出典:世界最大のエイ「マンタ」ってどんな味?

マンタの刺身丼deri

 

しかしながら、マンタは
養殖が非常に難しい魚なので
あまり流通量を増やし過ぎると
絶滅が危惧されるために
かなり調整されているのです。

う~ん、残念ですね。

 

マンタは世界中の熱帯・亜熱帯海域
に生息しているので、
何とか頑張って自然に数を
増やしていって欲しいな、と思いますね。

いや、別に食べるため
だけではなくですが・・・ 笑



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ