スマートフォン解析

善玉菌とは何者?増やしたい時、菌の多い食べ物はヨーグルト等

善玉菌という、私たちの健康と
密接な関係のある細菌がいます。

私たちの体内に生息する
彼らを増やすことによって
健康が実現するとよく耳にすると思いますが、
それではその真相について迫ってみることにしましょう。

 

Sponsored Link

 

体内細菌の種類

人体の中で生きる細菌たちは、
一般的に一括りに腸内細菌
と呼ばれることがあります。

しかし細菌は腸に限らず、
人体のあらゆる臓器や部位、
箇所に存在しているのです。

ですから、これは
体内細菌と呼んだ方が厳密でしょう。

体内細菌は大きく三つに分けることができます。

 

善玉菌

善玉菌とは体内細菌の一種です。

そしてこの善玉菌は、
その体内細菌の中で人体にとって
有益な作用をもたらしてくれる
細菌のこと全般を指します。

善玉菌の代表的な存在としては、
ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酵母菌等
が挙げられます。

103172

 

悪玉菌

それ対して、悪玉菌というのが存在します。

彼らは、逆に人体にとって損害となる
作用をもたらす細菌のこと全般を指します。

悪玉菌の代表的な存在として
ウェルシュ菌、ブドウ球菌等が挙げられます。

善玉菌は、人体の免疫機能が
悪玉菌を退治する際に
そのサポートをしている、というのは
善玉菌の一つの役割となっています。

 

日和見菌

上の二つは、善悪がはっきりとしています。

しかしそれに対してこの日和見菌は
自らの立場がはっきりしていません。

言ってしまえば、非常に優柔不断な菌です。

つまり、状況次第でどちらにも
変化する可能性があると言うことです。

バクテロイデス、ユウバクテリウム
嫌気性連鎖球菌、大腸菌等、

これらは体内に潜む日和見菌として挙げられます。

 

善玉菌を含む食べ物

ビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酵母菌等の
善玉菌を多く含む食べ物の代表として
挙げられるのは以下の通りです。

  • 味噌・納豆・醤油・ワイン・日本酒・漬物類(酵母菌・納豆菌)
  • ヨーグルト・チーズ・ヤクルト・キムチ(ビフィズス菌・乳酸菌)

ちなみに一応分けておきましたが、
大抵これらの食品には
どちらの種類の菌も存在しています。

ですから、この辺りの食品を食べておけば、
体内の善玉菌は理屈上どんどん増えるので
より健康に近付いていく、と言えます。

 

乳酸菌についてはこちらをご参照ください

乳酸は筋肉の疲れでたまる?

 

悪玉菌を含む食べ物

ウェルシュ菌、大腸菌等の
悪玉菌を含む食べ物については、
代表的なのは動物の肉類です。

ですが、悪玉菌がいるからといって
肉類がただ有害でしかないかと言えば、
もちろんそんなことはありません。

肉類は肉類で動物性タンパク質など
貴重な栄養素を含んでいるので、
食べるのは問題ないですが、それでも
同時に悪玉菌を含んでいるのも事実です。

肉ばかり食べていると
病気になってしまうのは、
ただただ悪玉菌をどんどん
貯めていくような形になるからです。

また、スナック菓子や揚げ物、
化学調味料をたくさん
使用されたような食品は
悪玉菌がいるのもそうなのですが、
同時に善玉菌の活動を鈍らせてしまうため、
良くないのです。

 

Sponsored Link

 

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしていくために

善玉菌の多い食べ物ばかり食べていて、
悪玉菌やその他有害物質を含む
食べ物をほとんど食べないのは
健康に大きく近づく重要な心掛けと言えます。

ちなみに野菜等も、
基本的に善玉菌はいないですが、
善玉菌を元気にさせるような成分は含んでいます。

また、日和見菌は
より優勢な方に付き易いので、
健康的な生活を送ることで体内細菌を
完全に大きく味方にした状態で
生活することができます。

 

ですからそれはそれで良いのですが、
他にも心掛けるべき、非常に重要なことがあります。

それは、ストレスをなるべく溜めないこと

ストレスを溜めると、
日和見菌が悪玉菌となって
体内で暴れ出すようになる傾向があります。

すると、人体、及び善玉菌は
かなり劣勢に立たされてしまいます。

ですから、ストレスが直接的に
大病に繋がるケースというのは
非常に多いのです。

実は日和見菌は三種の細菌の中で
その数が最も多くて、
全体の70%を占めるとも言われています。

つまり、日和見菌を制する者が健康を制す
と言っても過言ではないということなのです。

 

ですから、自分がストレスを溜めている、
と感じるのであれば、上手くそれを
発散する方法を見付けて実行するのは、
健康のためにも非常に重要、ということですね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ