スマートフォン解析

ヒグマ事件は恐怖w共食いするし熊肉は寄生虫で危険…でも美味い?

ヒグマという世界でもトップクラスの猛獣。

彼らは日本においても、北海道限定ではありますが生息しています。

ヒグマhorror

こんなに可愛いにも関わらず、
これまで数々のおぞましい被害事件が報告されています。

その代表格と言えば、この事件でしょう。

三毛別羆事件

いざとなれば共食いはするし、
人の味を覚えれば人食い獣になるし、ホントに恐ろしい生物です。

 

Sponsored Link

 

ただ基本的には、ヒグマは人を襲いません。

人間を恐れているからです。

例外的に、襲ってくるヒグマは以下になります。

  • 人間を襲ったことがあり、味わったことがある個体
  • 人間によって怪我を負わされたことがある個体
  • 子供を連れている個体(野生の小熊を発見した時、「あ可愛いな♪」と思って近づいて撫でるという愚行を犯した瞬間に命の保証はありません)

そうやって考えると、ヒグマにやられるのは
かなりイレギュラーなことだとお思いになるかも知れませんが。

実際、ヒグマに襲われたことが理由で命を失う人は年間でも数人いるかいないかという程度なので、少ないと言えば少ない、と言えるでしょう。

 

しかしながら、近年はその様相が変わってきてると言われています。

人に慣れた熊が増えてきている、ということと
熊の餌不足から移動範囲が広がっているということ。

ですから、いくら被害が少ないとはいえ出くわす可能性はあるわけで、その万が一の場合に備えて対処法を知っておくことは重要でしょう。

ツキノワグマ 生息地が広がり出没分布は。遭遇したらどーする

 

Sponsored Link

 

熊肉

ヒグマの肉について。

熊肉はツキノワグマ・ヒグマが生息する地域の
郷土料理として扱われており、意外というか、かなりの美味であるそうです。

さらに身体を温める効果、滋養効果が高く、
しかも美容効果のあるコラーゲンも含まれていて非常に魅力があります。

 

ただし、それも時期によって変わってきたりします。

最も美味しいと言われているのは冬眠直前であり、その理由は
木の実などの植物を摂取して栄養を溜め込んでいるから。

冬眠に備え脂肪は多くなっているのですが、
植物性脂肪なのでさっぱりしています。

 

逆には痩せてて植物性脂肪が少なく
臭みが出て、あまり美味しくないんだそうです。

また、当然食べ物によっても味は変わってきます。

熊は雑食なので何でも食べますが、例えば死肉を食べたり、ときには腐った肉ですら食すので、そんなのを食べていたら味が落ちてしまいます。

基本的に植物中心の食生活で育った熊が美味です。

 

しかし一方で、熊肉は絶対に生のまま食べてはいけません。
旋毛虫症(トリヒナ)という寄生虫を伴っているためです。

この虫を体内に取り入れてしまうと、症状は
すぐには出ないのですが、数日経ってから下痢や嘔吐などをもよおします。

それでも大概は命を失うほどの
強烈な生物ではありませんが、
とはいえその可能性はゼロではありません。

 

ただし、これはよく焼くことによって死滅させることができます。

ですから熊肉を頂くときは注意しなければならないのです。
(まあ基本的に自分で生の状態から調理して食べることはないと思いますが)



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ