スマートフォン解析

ミミズは畑や水中にもいるが実は鳴く?巨大な種類に食用も恐怖

ミミズという動物ですが、
身近な存在の割には
あまり存在感がありませんね。

彼らは一体どんな生き物なのか・・・・
についてを取り上げて、まとめてみました。

 

Sponsored Link

 

ミミズの特徴

ミミズは手も足も、顔らしきものもない
ただの一本の棒状の生物です。

ミミズが水水しいze
出典:ミミズwikipedia

しかし実際は、
ちゃんと顔に値する場所もあるし、
肛門に値する場所もある。

それに内蔵もしっかりあるし、
体表には剛毛が生えていたりと決して
単細胞生物のように単純な造りをした
生物の仲間ではないのです。

エラミミズという、
エラがある種類のミミズもいます。

それでも、概して言えば
虫よりは単純だと思います。

 

ミミズの分類と住んでいる場所

環形動物門に属しており、
この仲間には他にヒルであったり
ゴカイであったりという生物がいます。

ミミズの多くは土壌中、
つまり土の中で生息していますが
水の中を中心な種類もあります。

土の中の代表はイトミミズ他多数
水中の代表はアブラミミズ
ミズミミズです。

同じく環形動物門のヒルやゴカイの仲間は、
むしろ水中に生息する種の方が多いですね。

 

ちなみにミミズの種類はものすごく多く、
日本だけで100種、世界では
3000種と言われています。

日本に生息するミミズたちの詳細
についてはこちらをご参照下さい。

参考:ミミズミニ図鑑

 

生殖

ミミズの頭の近くにある
輪っかですが、あれは生殖器です。

この輪っかは環帯と呼ばれるのですが、
全ての大人のミミズに存在します。

つまり、ミミズにはオスメスがないのです。

この部分を接着することで
交尾をして精子を交換し合い、
後にどちらも卵を産むのです。

 

実は鳴く?

ミミズが鳴く、という妙な噂があります。

実際はどうかと言えば、
彼らには声帯がないために
声を出すことができません。

大抵の場合、発見した場所の
近くにいる虫が鳴いている声を
ミミズの鳴き声だと勘違い
しているだけです。

その人騒がせな紛らわしい虫は、
ケラという虫です。

恐らく、いかにもミミズが
出しそうな声であるのも
そのように思われてしまった原因
なのではないかと思います。

こちらはミミズよりも単純な
体の造りになっていると思います・・・が危険

クラゲには猛毒過ぎな種類あり!癒しあっても飼育は簡単じゃない

 

Sponsored Link

 

巨大な種類

ミミズの体の大きさというのは、
小さい種類から大きい種類までの
違いがすごく激しいです。

ミズミミズの種類だと1mm以下ですから
微生物レベルにもなるのですが
逆に大型のものですと、
なんと3mを超えます。

特にオーストラリアに生息する
メガスコリデス・アウストラリス
という巨大ミミズで、3.5m
という個体が見つかっているとされています。

こちらは1.5m級らしいですが、
それでもこのサイズです。

巨大ミミズ迫力画像

おぞましいですね!

太さであればトップクラスの
ミミズなのではないでしょうか。

ここまで大きいと、
かなり危険性も出てくるでしょうね。

 

日本に生息する最大種でもハッタミミズ
何と60cmにもなると言われていて、
一般人が抱くミミズのサイズに対しての
イメージを完全に覆すものとなっています。

こちらのサイトでは
大きいミミズを取り上げています。

参考:大きいミミズ情報

 

食用

実は、ミミズは食用としても有名です。

日本でも一時期ハンバーガーショップの
ハンバーガーには牛肉ではなく
ミミズが使用されていると噂があり
世間を震撼させていましたが、
実際ミミズであっても全く
問題がないくらいの味は出せるようです。

しかしながら、高価であり
むしろ牛肉を使用した方が安いため、
わざわざリスクを背負って
ミミズを使用したとは考え辛く、
ガセネタであったとされています。

 

日本ではその印象からさすがに
わざわざ食べたい
と思う人は少ないのですが、
世界ではけっこうポピュラーで
貴重な食材とされています。

タンパク質やコラーゲンに
ミネラル、ビタミンが豊富であるらしいです。

こちらは巨大ミミズが
焼かれて調理されるところですが
かなりおぞましい光景であるため、
もし見るのであれば自己責任でお願いします。

とにかく恐ろしい絵ですね・・・・笑

いくら栄養が豊富だろうと、
食材として見ることは困難を極めます。

 

ミミズは多くの動物たちにとって
重要な食物となっているのですが、
この根底にはミミズが含んでいる
栄養素があるのでしょうね。

そう考えると、すごく偉大な存在ですね!



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ