スマートフォン解析

ウーパールーパーの種類、大人の大きさ等。唐揚げは味イケる

ウーパールーパーという、両生類なのに
ペットとしても人気の動物がいます。

その最大の理由は、
彼らの愛くるしいルックスと
可愛らしい姿にあるのですが。

ウーパールーパーcute
出典:カエル先生のブログ

そんなウーパールーパーとは
どんな動物なのか、
そして食べるとどうなのか
についてを中心にまとめました。

 

Sponsored Link

 

ウーパールーパーの特徴

ウーパールーパーは別名を
メキシコサラマンダーという両生類。

カエルやイモリ、
サンショウウオの仲間です。

元来はメキシコに生息していましたが、
ペットとして人気が出たため、
世界中へその活動域を
広げることとなりました。

野生では湖に生息し、食性は肉食で
魚類や昆虫、甲殻類等幅広く食べます。

お腹が減れば、共食いもします。

※ウーパールーパーの意外と変な背中

ウーパールーパーback

 

種類

ウーパールーパーの種類は、
種として分けられているのではなく
体の色や目の色で分けられます。

根本的な種としては、
一種と考えて良いでしょう。

ウーパールーパの体や目の色の種類には

体の色

  • ホワイト
  • アルビノ
  • ゴールデン
  • ブルー
  • マーブル
  • ブラック

目の色

などがあります。

※画像はこちらをご参照ください。

参考:ウーパールーパーでうんぱるんぱ

 

ある程度、
体の色と目の色には
相関関係があります。

これらはもともと
自然に生まれた種類もあるのですが、
人間によって意図的に掛け合わされて
生まれた種もあります。

ですから、大きく分ければこうなりますが、
細かく分ければもっと様々な色の
ウーパールーパーが存在します。

 

ウーパールーパーの大人の大きさ

ウーパールーパーの大きさは、
大体10~25cmと言われていますが、
日本でペットとして出回ってる個体は
大人になると大体20cmを超えてくるようです。

雄の方が雌より少し大きいのですが、
大体1年くらいで大人になります。

※こちらは3ヶ月くらいまでの成長の記録です。

 

寿命は5~8年と言われていますね。

しかし日本産のサンショウウオは
長ければ50年とも言われていますから、
近い種なのに随分と寿命が違うなあ
という印象ですが。

オオサンショウウオは獰猛で危険?でも料理して食べると旨いらしい

 

Sponsored Link

 

ペットとして

ウーパールーパーはまるで
笑っているかのような大変可愛らしい表情と
手足をバタバタさせる仕草がありますから、
ペットとして飼うとかなり
癒し効果があるかも知れません。

こちらの映像を見ても、
胸がキュンとされる方も多い思います。

それほど生命力・適応能力が
ある動物とは言えないですし、
ペットとして飼うには、様々な注意事項があります。

それに関しては、こちらのサイトを
参考にされると良いと思います。

参考:うぱるぱ屋

 

ウーパールーパーは基本的に
幼体のときから姿が変わらないのですが、
環境によっては変態して、
エラ呼吸から肺呼吸に
なる場合もあると言われています。

たとえ変態してウーパーらしさが
失われたからと言って
無責任に飼育放棄してはいけませんよ。

普通に水中で飼育してれば
そんなことは起こらないのですが、
水位を下げることでその可能性は生まれるようです。

 

唐揚げは味イケる

私たち人間を含む全ての動物は、
草食動物であれ肉食動物であれ
皆他の生き物を食べることによって
栄養分を摂りながら生きています。

可愛いウーパールーパーであっても、
貴重な栄養分であったり、グルメ食
になりうる、ということです。

実際、野生の生息地では
かつて食用として
ポピュラーであったようです。

現在ではその生態数の減少もあって
その文化もかなりなくなっているようですが。

 

もともと生態数が
減少していることもありますし
そもそもどちらかと言うと
ゲテモノの部類に入るので
取り扱っているお店は多くないですが、
それでも日本でもちょくちょく
お目に掛かれます。

食べ方としては
唐揚げがポピュラーであり、
一本丸ごとそのまま食べてしまいます。

これは、ししゃもをイメージして頂くと
良いのではないでしょうか。

ただ、唐揚げにした方が
全然食べ易くはなりますよね。

ウーパールーパーguoo

いや、それでも顔を見ると抵抗感は否めませんがw

 

味としては、あっさりとした
白身魚のようで、食感は柔らかく、
美味だとされています。

ただ、やはりウーパールーパー独特の
何かはあるみたいです。

かつてウーパールーパーが
大ブームだったときに
大量に仕入れた業者が、その後
ブームが去って残ってしまったときに
食用として売りに出してみたら
意外と評判が良かった
というエピソードもあります。

ペットからいきなり
食用に変わっても
人気が出るんですから、
この辺りからも味の良さが伺えますね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ