スマートフォン解析

ダイオウイカは最大サイズに視力も凄いが味は?地震の関係とは

ダイオウイカというイカが、
度々話題になっています。

ダイオウと名乗るくらいですから、
イカ類でも最大サイズを誇るのですが
その特徴、地震との関係性、
そして食べた際の味等の
テーマで取り上げてました。

 

Sponsored Link

 

ダイオウイカの特徴

ダイオウイカはイカの分類の一つである開眼目に属します。

イカんぞbarns

そのサイズはイカ種のみならず
軟体動物、無脊椎動物の中でも
現存する最大であると言われています。

北アメリカ、ヨーロッパ、ハワイ、
日本など比較的広範囲に渡って
発見されているのですが、
深海生物の一種であるために
生きた状態で捕獲されることはほとんどなく、
その生態は現在も多くが謎に包まれています。

胃の内容物を調べたところによると
食性は肉食で、他のイカ種や
魚などを捕食しているようです。

 

平均の大きさや最大サイズ

その体の大きさは触腕
(触手の中でも特に長い二本)
も含めるとだいたい全長6.5mにも達し、
世界最大の無脊椎動物の名に
恥じぬサイズです。

この動画では日本で発見された雌ですが、
全長4mだそうですね。

これでも、十分迫力満点の存在感です。

※ダイオウイカの様々な画像

これまで発見された中での最大サイズは
全長14.3mだと言われています。

ただし、この個体に関しては
触腕が極めて長く、触腕を除くと
大体7mであったそうです。

こちらはその個体を再現した標本になっていますね。

ダイオウイカlarge

 

それでももちろん平均的な個体から比べれば
ずば抜けた大きさではありますが、
怪物クラーケンのモデルにもなったと言われる
ダイオウイカですから、もっととんでもない
大きさを期待してしまいますよね。

 

こんなに大きいダイオウイカですが、
それでも天敵がいるようです。

それは、マッコウクジラ。

 

視力も凄い

ダイオウイカの一つの特徴として、
大きな目があります。

この目は平均20~30cmにもなり、
全生物中で最大の大きさを誇る
と言われています。

ダイオウイカの目がでかい画像2

これはでかすぎますよね。

ダイオウイカの目がでかい画像

デカ過ぎて気持ち悪いくらいです。

 

なぜここまで目が大きいかという理由は、
深海の光が届きにくい中で
出来る限り光を感知し、
そしてよりよく見えるためである
と考えられています。

実際視力も良く、あのサイズでなんと1.5もあるとのこと。

これで天敵や獲物をより早く
発見したりすることができるのでしょうね。

 

Sponsored Link

 

ダイオウイカは結局のところイカですから、
やはりその味の方を気にする方も多いでしょう。

しかし味に関しては、残念ながら
あまり良い評価をされていません。

水っぽいとか、塩辛すぎるとか生臭いとか。

あるいは、男性のアレの味だとか。

もちろん食べたことはないですが、
美味しくない表現としては
非常によくわかります笑

その最大の原因とされているのは
塩化アンモニウムで、ダイオウイカには
それが大量に含まれているのです。

 

しかし逆に考えると、
この塩化アンモニウムさえ
取り除くことができれば
私たちが普段食べているような
イカの味に近づくのか。

と考え、日本酒を薄めた水に
一定時間浸けるによって
その塩化ナトリウムを取り除くことを実行、
すると味的にはかなり良くなったそうです。

しかしながら、
それでも水っぽさもあって
身近なイカの味には劣るし、
しかも加工にやたらとコストも掛かるために
現在ダイオウイカを進んで食品にしよう
という会社はないようです。

残念無念ですねw

 

地震との関係

ダイオウイカと地震が、関係しているのか。

基本的に深海の生物というのは
地球の中心に対してより近いことから、
そこから発せされる何らかのエネルギー、
あるいはプレート上の異変等に最も敏感に
対応するのではないかと考えられています。

ですから、ダイオウイカも
そのうちの一種であり、
ダイオウイカが大量に
打ち上げられたりすると、
要するに地球に何かしらの異変が
起きているから、という推測です。

 

しかし実際にこれまでも、
大きな自然災害の前には
その前兆と呼べるような
動物たちの行動は見受けられているのです。

動物たちの方が人間よりも
災害に対しての危険予知能力が
圧倒的に優れているので、
ダイオウイカや深海生物に限らず、
これから動物たちの行動から
災害を予測することが
できるようになれば良いですよね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ