スマートフォン解析

巨大イノシシの大きさは豚との交配が原因?少年が猟!

私たちにとって比較的身近な動物である
イノシシですが、たまにすごく大きな個体、
巨大イノシシが存在します。

それは日本であれ、世界であれ
ときたま発見されてニュースになっていますが
その理由は通常の個体と比較して
飛び抜けて大きいからです。

ここでは、そんなこれまで
話題になった巨大イノシシたちと、
なぜそれほど巨大化するかの原因についてフォーカスしてみます。

 

Sponsored Link

 

巨大イノシシの呼び名・正体とは

巨大イノシシはやはりそのインパクト故に
アメリカでもかなり注目度が高く、
別名も存在していてメガホッグホグジラと呼ばれます。

「ホッグ」とは「ブタ」のことで、
「メガ級のブタ」
そして「ジラ」は「ゴジラ」のことでつまり
「ゴジラ級のブタ」という意味です。

しかしなぜ、「ブタ」なのか。

実はイノシシは見た目こそ
けっこう違いますが、元はブタなのです。

豚の全身picture
出典:ぶたの体

逆に言えば、ブタはイノシシの家畜版。

ブタは家畜として飼われているので、
食用に特化した存在として繁殖させられています。

ですから、肉の部分が多かったり、
味がより安定していたりするのです。

イノシシは一般的に野生なので、
美味しい個体は美味しいのですが、
エサの内容によって酷い臭みがあったりします。

そして、そのブタ(家畜版)とイノシシ(野生版)
が交配することで生まれた動物はイノブタとなるのです。

 

大きさは豚との交配が原因?

このイノブタは、イノシシよりも
サイズが大きくなる傾向にあるのです。

その理由は単純で、イノシシよりも
ブタの方が一般的にサイズが大きいからです。

ですから、多くの場合は
巨大イノシシ=イノブタと考えられています。

通常の種豚は、色んな種類がいますが
雄であれば300㎏オーバーは普通です。

それぞれの種の大きさについては
こちらをご参照ください。

参考:豚の種類

 

やはり家畜として飼われてる動物は
良質な肉になってくれるように
しっかりと栄養を摂らせますからね。

イノシシにこの大きさの個体は
基本的にいませんから、
DNA的にイノブタはイノシシよりも
サイズが大きくなる可能性が高いのです。

 

また、こうしたほぼ同じDNA同士で
交配するケースとして有名な一つに、
ライオンとトラの交配によって
生まれるライガーという生物がいます。

このライガーは、元のライオンや
トラより巨大化する傾向があるのです。

この理由はまだはっきりとわかっておらず、
例外と言えるかも知れませんが
もしかしたらイノシシとブタについても
そういったことがあるかも知れませんね。

参考記事:

ライオンとトラではどっちが強い?交配させたライガーがヤバい

 

Sponsored Link

 

これまで捉えられた記録的な巨大イノシシ

繰り返しになりますが、巨大イノシシは
基本的にイノブタであるとされています。

家畜として飼われていたブタが脱走し、
野生化してイノシシの交配する

のです。

するとイノブタになるわけなのですが、
その見た目はかなりイノシシに近かったりします。

 

日本の巨大イノシシ

日本の野生に生息するイノシシの中で
最大サイズは150㎏級であると言われています。

しかし、そのサイズも
本来の種のあるべきサイズからすると
不自然であり、大概はイノブタであろう
と考えられています。

こちらは栃木産で発見された日本最大級のイノシシです。

巨大イノシシ日本版

おじいさんよりも遥かに大きいですね。

体長2m、体重150㎏前後

あったと言われています。

 

アメリカの巨大イノシシ―少年が猟したメガホッグ

アメリカの巨大イノシシは
そのスケールが違います。

こちらは、サイズ不明ですが
300㎏以上はありそうです。

巨大イノシシのアメリカ版

さすが、メガホッグとか
ホグジラと呼ばれるだけありますね。

 

こちらは2007年アラバマ州で11歳の少年が猟したという
巨大イノシシ、メガホッグです。

メガホッグと11才の少年

体長が2m84cmで、体重が477kg

こんな怪物が野山を駆けずり回っていたのです。

 

もはや明らかにヒグマ以上に
恐ろしい存在なのではないでしょうか。

少年も、よく臆せずに倒せたものです。

ただ家畜のブタとしてであれば、
このくらいの大きさは別に不思議ではありません。

やはり巨大イノシシの正体は、
野生化したブタ、
あるいはブタの遺伝子が混ざった
イノブタであると考えて良いだろうと思います。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ