スマートフォン解析

ホワイトタイガーの生態とは:アルビノ?赤ちゃんの値段等

ホワイトタイガーというのは
もちろんトラ種のうちの一つなのですが
なぜか特別な人気があります。

その人気の理由が何なのか
を私なりに考察しながら、
ホワイトタイガーの生態や赤ちゃんの可愛さ、
買った場合の値段等を取り上げてみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

ホワイトタイガーとは

ホワイトタイガーとは
その名の通り白い色をしたトラです。

その他の特徴としては、
肉球の色が肌色であるのと、
目の色が青色であることが挙げられます。

ホワイトタイガーというのは
ホワイトタイガーとしての特徴を
持っているトラのことです。

ですからもともとのトラの種類は関係なく、
どんなトラ種でもホワイトタイガーになりえるということです。

突然変異の一種、ということですね。

 

ただし、そんなのは滅多に、というか
ある条件下でなければ生まれず、
現在世界に存在しているホワイトタイガーは
ベンガルトラ種に限定されています。

・ホワイトタイガー画像

ホワイトタイガーの画像naui
出典:蜜蜂的写真日記

 

アルビノ?

ホワイトタイガーはアルビノ
と捉えられることもありますが、
これはちょっと違います。

アルビノとは、遺伝子情報の欠如によって
メラニン色素が欠乏してしまうことなので、
言い方は悪いですが遺伝子上の失敗と言えます。

もちろん、メラニンが欠乏していたとしても
生活に特に差し支えはないですし、
病気ではないのですが。

一方でホワイトタイガーの場合は
突然変異的な作用であり、
失敗というわけではなく
遺伝子上の誤作動と言えるでしょう。

ですからアルビノも同じように
体毛が白くなりますが、
そうなる理由が根本的に違っているのです。

 

ホワイトライオンの特徴とその生息数

また、ホワイトライオンというのも存在します。

ホワイトライオンは
もともと数多く存在していたようです。

その理由は、今からはるか昔、
2万年ほど前の氷河期、ライオンは
今よりもずっと広範囲に渡って生息していました。

その範囲はアフリカ、アジア、
そしてアメリカ大陸にまで至ったようですが、
この時代は氷河期ということで
白い方が獲物に見つかり難く都合が良かったのです。

そこで、白い体毛を持つホワイトライオンが誕生。

・ホワイトライオン画像

ホワイトライオンの画像tuoi

 

ここは憶測になりますが、
恐らく当時はホワイトライオンばかりだったでしょう。

ところが、それから氷河期が終わって
景色が白ではなくなったときに、
白い体毛が逆に目立ち易くて
都合の悪い特徴となってしまいました。

ライオンはその新しい環境に対応するために、
体毛と肌の色を再度変えたのです。

もちろん、これも突然変異的に変わったのでしょう。

突然変異は遺伝子に組み込まれた意志が、
環境に対応しようとした結果ですから。

それを証拠に全ての動物は、
その環境に適した生態をしていますよね。

つまり、動物の知能はDNAにあるのです。

ですから、白いままのライオンは
なかなか現代の自然界では生きていけないのです。

もちろん、中には残る個体もありますが、
自然にその数を減らしていくことになりました。

ホワイトライオンは世界で現在、
300頭あまりしか生息していないと言われています。

 

□参考記事(トラとライオンの掛け合わせ)

ライオンとトラではどっちが強い?交配させたライガーがヤバい

 

ホワイトタイガーの生息数

これと全く同じことが
ホワイトタイガーにも言えます。

ホワイトタイガーも寒冷地以外の気候で
生きていくには決して適していません。

ホワイトタイガーは、現在
全世界で250頭程度の生息数であると言われています。

それでも、ライオンと比較すると
トラの方が世界全体の生息数が
かなり少ないのですが、その割には数は多いです。

この理由はライオンよりトラの方が
寒冷地区に生息する種が多いからなのではないかと感じます。

 

Sponsored Link

 

赤ちゃんの値段は

もちろん、もともとホワイトタイガーや
ホワイトライオンが可愛いというのもあるのでしょう。

しかし、それは普通のトラやライオンでも同じことです。

個人的には、白というのはどこか
癒される感がある気がします。

あと、清潔感も感じます。

シロクマにしても、
真っ白な存在って
常に人気がありますよね。

しかも、テレビで人気タレントたちが
赤ちゃんと一緒に戯れたりしていています。

・ホワイトライオンの赤ちゃん

そんな色々な事情が重なって、
ホワイトタイガー・ライオン人気に繋がり

ホワイトタイガーの赤ちゃんを飼いたい!

という気持ちを抱く人も自然に増えてきます。

 

しかしながら、もちろん日本で飼うことは
基本的にはできません。

猛獣も良いところですから
余程のしっかりとした設備を用意して、
飼育地域の公務員から許可をもらわなければならないのです。

一応値段的には1500万円

程度で購入することはできますが、
(もちろんこれも破格ですが)
それよりもその後のことの方がその何十倍も問題です。

小さい間だけ飼うということであれば
できなくはないかも知れませんが、
それでは無責任ですし、あまりペットとして
飼う意味はないのではないでしょうか。

 

もしどうしてもホワイトタイガー・ライオンと
ペットのような親密な関係を
築きたいというのであれば、
わざわざ自分で飼うことを考えるよりも、
動物園の飼育員になった方が早いし、賢明だと思います。

ペットとして飼っているのと同じように
絆を深められそうな気がしますからね。



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ