スマートフォン解析

ジンベイザメと沖縄やセブ島のダイビングで触合い!卵産まない?

鮫の中で最大の大きさを誇るジンベイザメ

鮫という響きで若干ビビってしまう方も多いかも知れませんが、
この鮫はそういう恐ろしい生物ではありません。

 

Sponsored Link

 

というかむしろ、とても温厚で優しくて、
しかも巨体なのに基本的に安全で皆から親しまれている生物(鮫)です。

その大きさは平均10メートル、

大きい個体では13、14メートルとも言われています。
(水族館の個体は6、7メートル程度)

ジンベイザメcutedy

食卓にて、刻まれて皿の上に乗った状態で愛されている魚はたくさんいますが、生きている状態でここまで愛されている魚は他にいないでしょう。

やはり

「大きいのに安全」
「一見怖そうなのに優しい、大人しい」

というギャップが最大の魅力なんだろうと思います。

実際、人間でもそういう男性は魅力ありますからね。

 

沖縄やセブ島のダイビング

ジンベイザメはもちろん水族館でも飼育されているところはありますが、沖縄やセブ島などでは直接触れ合うことができるレジャーがあります。

水族館はこちらをご参照ください。

全国水族館ガイド:ジンベイザメ

 

ジンベイザメが泳いでいる海へダイビングをし、
泳いでるのを間近で見たり、直接触ったりもできるのです。

あの巨体が目の前にくるわけですから、そりゃもう大迫力です。

ダイビングに関してはライセンスがなくても可能なようです。

もちろんライセンスを持っていれば
一緒に泳ぐことができて、より一層触合うことができるのですが。

 

ちなみにこれだけ大きなジンベイザメですから、いくら温厚とはいえどもあまり近寄るのは危険なのではないか、と考える人もいるでしょう。

しかし基本的には、危険はほぼないと考えて良さそうです。

以前ダイバーが口の中にすっぽり入ってしまう
という事件があったそうですが、無傷で脱出出来ているみたいですし。

もちろんだからと言って自分から中に入るというのは
流石に何が起こるかわかりませんから、絶対にしてはいけない行為ですが。

サメの方にしてみても、いくら人間が小さかろうと
口の中に入ってきたら流石に苦しい大きさでしょうしwww

 

あとデカ過ぎる時点で不慮の事故などが発生する可能性があるのではないかという懸念もありますが、それに関してもこれまでそういった類の事故の記録はないですから恐るるに足らず、と言っても良さそうです。

 

というわけで、最初は怖いかも知れませんが
興味のある方は安心して触合いを楽しんでください^^

 

ちなみにこちらはかつて生きていた
ジンベイザメより大きい、史上最大の肉食サメです。

メガロドンは実在した怪物鮫だが大きさは―目撃情報アリで生存の可能性?

 

Sponsored Link

 

卵産まない?

ジンベイザメは鮫なので、
魚ではあるのですが卵を産まないのです。

卵胎生であるために、母親の体内で孵化し、
そしてある程度そこで成長した後に体外へ出ます。

これだったら、最初から卵として産まれる必要あるのかなと思うのですがw

 

鮫の仲間には他にも卵胎生の種類がいて、
中には卵もない種もあるそうです。

この背景には、昔は普通に卵を体外に出していたのですが、環境の変化や外敵の存在に対応するために歩んだ進化があると言われています。

鮫の歴史はなんと4億年も遡るので、
その都度適切な対応を取ってこなかったら
恐竜と同じように絶滅してることは間違いありませんからね。

しかし鮫に関しては、姿形としては
その登場した時代とほとんど変わらないので
「生きた化石」と呼ばれているようなのですが。

 

何にしても、ジンベイザメもとい鮫は偉大だということですね^^



※動物たちのあれこれをまとめた特集ページになります。

地球上の強者・巨大生物特集―過去から現在まで

ペットとして人気もしくは適性がある動物特集

Sponsored Link











コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ